就職

【体験談】求人で応募資格を満たしていない人の面接での答え方やそこまでの対策

就職

 就職転職で応募資格を満たしていない私が、実際に就職で採用された方法、私の体験談をまとめました。
この方法で希望の会社に就職できなければ、そこはあきらめたほうが良いかもしれません。

もし、あなたが、就職したい会社の応募資格を満たしていなくて悩んでいるなら、
きっと役に立つ方法なので是非読んでください。

 この方法は、かつで私が就職した時に実際に使ったアピール方法です。

新卒で入社しようとした際、求人で大卒が条件の某会社に応募しようとしました。
私は専門学校が最終学歴なので、応募資格がありませんでした。

 それでも諦めがつかず、応募し、最終的には採用していただくことができました。
その後、転職の際にも、求人の応募資格を満たさない会社への応募でもこの方法で何度か無事に転職できました

なので、きっとあなたにも使える方法であると、信じています。

 余談ですが、以前メルマガを発行しようとした時に一度、無料レポートスタンドで
マサという名前でこの方法を公開したこともあります。

その時使ったイメージ顔画像は今でもお気に入りでGoogleの登録で使っています。

応募資格を満たしていない場合の対策・応募方法

応募・書類審査

応募・書類審査

 就職したい会社の求人の応募資格を満たしていないと応募できないと思っていませんか?
たしかに、初めに書類審査がありますので、そこで撥ねられる可能性はあります。

 ですが、応募する際に、求人の応募資格を満たしていないけれど、私は御社で働きたいので、
応募させてほしい、面接を受けさせてほしいと熱意をもってお願いすると、
多くの場合それは叶います。

 とくに、業種職種にもよりますが今は求人難で、かつて私がこの方法で
チャレンジした時と状況が似ています。人を採用するのが難しい、そんな状況は同じです。

なので、応募しないで諦めるということはやめて、是非チャレンジしましょう。

応募資格を満たしていない場合の対策・応募書類

履歴書

履歴書

 求人の応募資格を満たしていない場合の応募方法ですが、そんな場合でも
書類関係はすべてきちんと作成して、揃えてください。

ここを怠ると、受理されるものも受理されなくなってしまいます。

応募書類を準備する

応募書類を準備する

 履歴書などは、今はパソコンでExcelやWord作成してもいけるかも知れません。

できれば、きちんと自筆で書きましょう。証明写真もできればカメラ屋さんで
きちんと撮影してもらったものを使い、応募資格以外はすべて応募条件を
満たすようにしてください

応募書類を提出する

応募書類を提出する

 ここを外すと、本当に就職したいという気持ちがあるのか、
疑われてしまします。

応募書類や締め切りはきちんと守りましょう

そして、応募する際に、電話か、直接持参して口頭で、
求人の応募資格を満たしていないけれど、私は御社で働きたいので、応募させてほしい、
面接を受けさせてほしいと熱意をもってお願いすることを忘れないでください

応募資格を満たしていない人の面接での答え方

面接試験

面接試験

 ここからが一番重要な点です。求人の応募資格を満たしていない場合でも採用してもらう答え方、アピール方法のキモです。

 会社により違いますが、書類審査、筆記試験、面接試験と段階があると思います。
書類審査は通っても、筆記試験の出来が悪いと落とされる可能性はあります。

面接試験

面接試験

 そこで、もし筆記試験で落ちてしまうようなことがあった場合、
私も新卒の時にそうだったのですが、
「面接だけはうけさせてほしい」とお願いして下さい

そして、今は、リモート面接かもしれませんが、リモートであっても身だしなみは足元まできちんとして、
面接にのぞんでください

こうすると、当日の気持ちも熱意の塊に変えることができます。

リモート面接

リモート面接

 この方法は、面接時の対応で行う方法だから大切です。
そして、面接は採用にかかわる決裁権を持った人と会うことが重要です。

 その際に、多くの場合、決裁権を持った人はそこで切ろうとしてきます。
「残念ながら採用できません」、と言ってくるはずです。

 「最終決定は、通知します」と言ってくるかもしれませんが、おそらくその場で
不採用を匂わせる言葉を言ってくるでしょう。

 女性が決裁権を持っている場合もあるので、面接官が女性であっても十分注意してください。

面談

面談

 そう言われた時に、相手の目をきちんと見て、こう切り返してください。

 「絶対ダメなんですか?」

 この切り返しの質問は、相手に刺さります

決裁権・権限者

決裁権・権限者

 じつは私はこれまで飲食店の店長職で20年以上、勤めてきました。

 たくさんの採用に関わり、多くの方々と面接をしてきました。
そんな私だから、言えることですが、採用に「絶対」というのはありません
これは確信をもって言えます。

 私自身、応募資格を満たしていない人を、採用したことは枚挙にいとまがありません

 はっきり言うと、最終的に決め手となるのは、
応募してきた方の熱意に押されて採用することが往々にしてある
ということです。

 面接の人の目をしっかりと見ながら、
「ぜったい、ダメなのですか?」と聞かれると、
「ぜったいではない…んだけど…」と答えざるを得ないのです

 あとは、ここで働きたいという気持ちを伝えるだけです

 私も、そうやって押し切ってきました。熱意で、採用していただきました。

■【まとめ】

採用

採用

 今回は、就職転職で応募資格を満たしていない人の面接での答え方やそこまでの対策、
と題してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 参考にしていただければ幸いです。

 そして、あなたも自分が働きたい会社に、是非とも入社していただきたいです。

関連記事

大卒対象の採用試験を受けられるのは?同等と認められる者って何誰?

【体験談】高校を留年したら友達はできるの?(答え)留年しても友達はできます。

-就職

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5