スポーツ・男性

山縣亮太の学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や場所と100メートルで9秒95

スポーツ選手

山縣亮太選手は、6月6日の陸上の布勢スプリント、男子100メートルで9秒95の日本新記録を樹立しました。

それを帰りの機中で客室乗務員や機長から祝福を受け、大きなニュースで取り上げられました。

山縣 亮太(やまがた りょうた)

 

(Wikipediaより)
1992年6月10日生まれ
身長 177cm
体重 74kg
血液型はA型

 

広島県広島市出身の男子陸上競技選手
専門は短距離走
トレーナーを付けないのが山縣流らしいです。

以下では、山縣亮太さんの出身高校や大学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします。

 

山縣亮太の学歴~出身大学の詳細

2011年、慶應義塾大学総合政策学部入学 偏差値 70

1年時の2011年山口国体男子100mにおいて10秒23(+1.8)の日本ジュニア記録(当時)を樹立して3位入賞しました。

2年時の2012年織田記念陸上男子100m予選にて10秒08(+2.0)をマークし同年のロンドン五輪A標準記録を突破しました。

大学中は体育会競走部所属で、自己ベストは、2012年に出場したロンドンオリンピックの100mの記録、10秒07でした。

2015年、大学卒業後は、セイコーホールディングス所属しています。

2016年リオデジャネイロオリンピックでは、4×100mリレー銀メダルを獲得しています。

 

山縣亮太の学歴~出身高校の詳細

2008年、私立修道高等学校入学 偏差値 70

1年時は大分国体少年B100mで優勝しました。

2年時の2009年世界ユース陸上競技選手権大会では100mで4位入賞し、メドレーリレーでは銅メダルを獲得しました。

インターハイ終了後に「慶應競走部の自由な競技環境だったら自分のやりたいことができる」と感じて慶應義塾大学を志願したそうです。

 

【主な卒業生】

あすなひろし(漫画家)

岡崎倫典(ギタリスト)

亀井静香(元運輸大臣・元建設大臣)

吉川晃司(歌手)

弘中惇一郎(弁護士)

山中秀樹(アナウンサー)

松岡孝行(アナウンサー)

森孝慈(元サッカー日本代表監督・元サッカー選手)

西村真二(お笑い芸人)

大歳卓麻(日本アイ・ビー・エム元社長)

藤田雄山(元広島県知事)

加藤友三郎(元内閣総理大臣)

船越衛(元千葉県知事)

金尾稜厳(元富山県知事)

大横田勉(元競泳選手)

 

山縣亮太の学歴~出身中学校の詳細

2005年、私立修道中学校入学 偏差値 63

100mと400メートルリレーで全日中に出場しています。

 

山縣亮太の学歴~出身小学校の詳細

1999年、広島市立鈴が峰小学校入学

4年から為末大が所属していた陸上クラブで本格的に陸上を始めました。

5年生からは陸上に専念し、この年の全国大会では100mで8位に入賞しています。

小学生当時から非凡な片鱗を見せています。

-スポーツ・男性

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5