男性アナウンサー

有馬嘉男キャスターの降板理由と今回のヨーロッパ副総局長への人事異動

テレビ局・アナウンサー

NHKニュースウオッチ9のキャスターを3月いっぱいで交代した
有馬嘉男氏(55)が6月の人事で、パリにあるヨーロッパ副総局長に
就くことが内示された。というニュース。

今年冒頭、菅総理への質問で反感を買い、
当時内閣広報官の山田真貴子さんがNHKに電話してクレームを言い、
有馬さんを降板させたという流れの先が
今回の人事異動ではないかという声が上がっています。

今回の記事では、この件をまとめてみました。

有馬嘉男キャスターの降板理由

菅総理へのインタビューが神経を逆なでし、総理官邸にいた
内閣広報官の山田真貴子さんからクレームがNHKに来て、
その圧力に屈した結果の降板劇とも報じられた件。

昨年10月26日の臨時国会当日、菅総理が生出演した際のやりとりで、
有馬嘉男氏は、炎上していた日本学術会議をめぐる問題で、菅首相に質問を重ねました。
菅首相は最後に「説明できることと、説明できないことがある」と述べました。

このやりとりから、当時内閣広報官の山田真貴子さんがクレーム、NHKの原聖樹政治部長に対し、
有馬氏の質問内容に抗議したというもの。
これによって、有馬氏は降板させられてしまった。と言われています

 

有馬嘉男キャスターの今回の人事異動

その後、有馬嘉男キャスターについては、
NHK「ニュースウオッチ9」で穏やかな語り口が人気を博していた
にも関わらず、降板が2月10日発表され、3月いっぱいで交代しました。

さらに今回6月の人事で、パリにあるヨーロッパ副総局長に就くことが
内示されたと報じられました。

東京五輪という大きなイベントを控えている大事な年に、
番組で安定感のあるキャスターの異動は、ふつうではあり得ない
といわれる人事異動に、

周囲は驚きを隠し切れないと言われていたようです。

■まとめ

今回は、有馬嘉男キャスターの降板理由と今回の人事異動、と題して、
ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

有馬氏が菅総理の不興を買ったがゆえの忖度人事ではないかと問われた
正籬聡放送総局長は、そのような人事はしていないと言われた
とも報じられています。

視聴者には人気の高かった有馬嘉男キャスターの降板と異動だけに、
個人としては残念な気持ちでいっぱいです。

-男性アナウンサー

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5