テレビ (家電&カメラ)

TCL 32S516E 32V型 Androidテレビの違いはどこ?圧倒的にTCL 32S516Eがおすすめな理由・機能とレビュー・口コミを徹底検証♪性能・スペックや評価、評判もチェック♪

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビは、「こんな素晴らしいテレビは無い!」と評判のテレビです。格安な割に高いコストパフォーマンスなテレビと好評です。

中国系の製品と知って、心配していた初期設定は簡単に出来た!や操作性・画質がよく、Googleアシスタント対応、YouTubeやAbemaなども観れてAndroid TVとしても便利など、口コミに寄せられ注目を集めています。

また、アマゾンでは、すぐに発送ができて、評価が高く、お求めやすい価格の商品として、おすすめなAmazon's Choiceに選ばれています。外付けHDDで裏番組録画も対応できる機能付きなので、コストパフォーマンスは間違いなく高いです。

 

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

【Amazon.co.jp 限定】TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョン Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 外付けHDDで裏番組録画対応 2021年モデル

 

TCLは、前身はTTK家庭電器(惠州)有限公司です。今の日本以上に競争の激しい中国で勝ち残ってきたベンチャー企業です。2004年にフランスのトムソンテレビ事業とアルカテルの携帯電話事業を買収。そこから大きく前進し、2009年には中国カラーテレビ輸出のトップ企業に。
翌2010年には国内テレビランドのNo.1を維持し、ブランド価値が64.6億ドルに達成。さらに2013年にはハリウッドのチャイニーズ・シアターの命名権を獲得。 北米テレビ市場に参入。
さらに2015年には IDGによる「世界テレビブランド上位20社」、「世界CEブランド上位50社」、および「中国CEブランド上位10社」にランクイン。2017年国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショーでは、TCLはIDG 2016 ~2017世界家庭用電子機器トップ50を受賞。
2019年には巨額の資本が必要な南米サッカー連盟コパ・アメリカ・ブラジルの地域パートナーに。そして今があります。

TCLはすでに日本法人を設立しています。下記にTCL法人の企業情報を載せておきます。

社 名 株式会社 TCL JAPAN ELECTRONICS
(日本語表記:株式会社TCLジャパンエレクトロニクス)

本社住所 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町1-6-1 丸柏タマビル3階

設 立 2015年9月3日
資本金 5000万円
代表取締役 張 海星
取引銀行 三井住友銀行
事業内容 家電製品の輸入/輸出・販売、アフターサービス、付帯業務

三井住友銀行は日本国内の企業ならともかく、海外から進出してくる企業に対しては新しい口座の開設については厳しい財政公開を求めている金融機関です。 TCLも例外ではなかったでしょう。

 

今回は、数あるハイビジョンテレビの中でも操作性・画質がよく、YouTubeやAbemaなども観れて最高と評判のTCLの 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビの違いやレビュー・口コミなどについて、紹介していきます♪

 

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

【Amazon.co.jp 限定】TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョン Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 外付けHDDで裏番組録画対応 2021年モデル

 

 

圧倒的にTCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビがおすすめな理由・機能

まず、『TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビ』についてご紹介していきます!

 

・操作性がGood、使いやすく、こんな素晴らしいテレビは無い!

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビは、Googleアシスタント対応、リモコンのボタンを押しながら、見たい番組を簡単検索。

テレビの大画面を1296ゾーンに分けた性能で、 それぞれのエリアを細かく分析し、繊細な部分まで明暗をくっきり分けたことで奥行き感をよりリアルにというのが素晴らしい。

画面の明るさ、鮮やかな色彩、暗部などをディーテルまで美しく観せてくれる。

 

・YouTubeやAbemaなども観れて最高!

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビは、YouTube、Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflix等、豊富なネット動画サービスにも対応。

コンテンツ数が圧倒的だから、好きなコンテンツを思いのままに楽しめる。

スマートフォンで視聴している映像をそのままテレビ大画面で楽しめる機能もある。

Wチューナー搭載で、好きな番組を見ながら、他に見たいドラマ等のコンテンツを録画可能。見たい番組が重なっても安心。

 

 

・blutoothイヤホンにもつながり、快適です!

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビは、Amazon.co.jp限定商品のみ2.4GHz帯を使用しているWi-Fi 無線機器と5GHz帯を使用しているWi-Fi 無線機器、両方に対応。

ドルビーオーディオ対応、迫力のあるサウンド。自宅でも映画館のような臨場感を味わえるのはとても嬉しいです。

 

 

・簡単に接続できた!

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビの一番心配していた「初期設定」は、自宅の郵便番号を入力しただけで、後は全て内臓のプログラムに沿ってテレビ側が自動でしてくれ、全てが完了。

 

 

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビのレビュー・口コミ

 

現在発売中のTCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビのレビュー・口コミをご紹介していきます♪

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビの残念レビュー・口コミ

高評価の多いTCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビですが低評価レビューもあったので確認しておきましょう。

 

ネット配信アプリケーションがインストールされています。youtubeを見ていると次第に音声と画像のラグが発生して不自然な動画になってしまいます。理由は分かりませんが、見ていると不具合なのか気色の悪い動画になってしまい、投稿した人達に申し訳ないくらいになってしまいます。原因はなんでしょう?

 

こちらのレビュアーさんはTCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビを買われています。

気になるのは、音声と画像のラグが発生して不自然な動画という点です。

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビはネット配信アプリケーションがインストールされているので、Netflix等の豊富なネット動画コンテンツを楽しめるはずです。

それが見ていると不具合なのか気色の悪い動画になってしまうと、言うことは、このレビュアーさんの購入された商品はハズレだった可能性が高く、いわゆる初期不良があった可能性も捨てきれません。

このような場合にはすぐにカスタマーサービスに連絡を入れ、相談してみることをおススメします。

 

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビの良いレビュー・口コミ

 

以前まで普通のテレビにfirestickを挿し込み使用してましたが一人暮らしを始め出来るだけコンセントの無駄を消そうと思いこちらのTVを購入しました。

やはり時代と同様にTVは進化しててfirestickでできることはほぼ全て出来る上、YouTubeボタンで瞬時に切り替えられるのは嬉しい。

更にBluetoothヘッドホンが使える(自分の環境下ではSONYのWH-1000xM4)が使えること、キーボードやマウスが使える事が素晴らしいと思いました。
おそらくBluetoothスピーカーも使えます。
実際Bluetooth対応テレビは未だに普及してないのでここのメリットはかなり大きい。

画質も悪くなく、リモコンの操作性に問題もなく、モニターアームを使えるし、PCモニター代わりになるし、100点満点じゃ無いでしょうか?
レビューの評価が高いだけの事はあります。

なにより3万円で買えるんですよこれ、間違いなく破格の品です

 

 

AmazonのタイムセールでS社の32v型に飛びつき購入しましたが、
その後同価格帯で省電力・FHD・androidTVであるこちらを目にして
S社製品を返品後購入しました。結論として良い選択でした!

まず画質はFHDの高解像度のほかHDRもあり素晴らしいです。
他のレビューで視野角狭いとあり少し心配でしたが、
自分は気にならないどころか十分広く見えます。
(この販売ページには記載ありませんが公式のカタログでは上下左右178度)

音質も申し分ないです。音割れやくぐもりが気になるなどは一切ありませんし
スピーカーもテレビ下面についていて音の広がりもリアタイプに比べて
自然だと思います。

ここの詳細情報にチューナータイプ「デジタル」とありますが、
BS/CS端子チューナーも内蔵されており、BSCS視聴可能です。
またAV端子変換ケーブルも同梱されています(コンポジット→4極プラグ)。
私は別でコンポジット→HDMI変換器買ってしまいましたが不要でした...笑

マニュアルは冊子の他、かんたんガイドの一枚紙があり
スタンド取り付け~初期設定、リモコン操作までわかりやすかったです。
また、同じ郵便番号設定でもS社製品だと受信してくれなかった地上波CHを
こちらの製品では受信してくれるあたり、チューナーにも性能差があるんですねぇ...
これも買い替えて良かったなと思うポイントです。

気になる点としては番組表機能が少し使いにくいです。
チャンネル選択毎にデータ通信してから表示するのかやや動きがもっさりしてます。
また脚部の滑り止めが貧弱です。合板のテレビ台の上に置いていますが
指で押すと結構簡単に滑るため、広めのテレビ台に置くかその他滑り対策が必要と思います。

まだ使い始めたばかりなので今後気になる点が出てきたら追記したいと思いますが、
現時点でもこの価格帯の32v型の中では頭一つ抜き出た良品だと思います。おすすめです!

 

 

20年位前の液晶TVから買い替えましたが、画質もキレイでスマートテレビでこの価格…申し分ないです。
本体は軽く、アンテナジャクなど右側に付いており、壁付けも問題無さそうです。家はTV台ですが、転倒防止用の部品も付属しており、軽さ故の心配も有りましたが、紐での固定で子供が揺らしても、全然OK。YouTubeやAmazonprimeビデオなども見れ、キャストでスマホで撮影した画像や動画も見れるので、便利過ぎる。
親バカには良い機能です。
フルハイビジョンはやはりキレイ、ただし検索方法での文字入力はリモコンで「あいうえお」等から選ぶのでちょっとヤリズライ。慣れるまでは仕方ないのかもですが、安いしダメ元で購入してみましたが、十分満足です。国産には無い良いところですね。
てか国産性能良くても高過ぎなんじゃ~

 

 

AndroidTVを1台もっていますが、このTVは設定が殆どなく簡単に使えました。
主にYoutube、Amazon Prime Video、Netflix、AbemaTV、TVを見てますが応答も十分早い。
Bluetoothイヤホンも問題なく使えました。画質、音質も問題ないレベル。
視野角が狭い、音声出力端子がないとか、この操作ができないの?といった痒い所に手が届かない感はありますがAndroidTVとしてコスパが良く文句ないです。

 

 

色々ページ渡り歩いてコレに辿り着きました。
QOL(クオリティ・オブ・ライフ)とか言っちゃう人達苦手なんですけど、もう口から出ちゃうくらいQOL爆上がりしました(笑)
機械音痴すぎて中古のTOSHIBA4年位ひとり暮らしで使ってたんですけどこんなに安くて高スペックならもっと早く、特に自粛ピークのときなんかに買い替えれば良かった…。

注文して翌々日に到着。割れたり液晶に不具合ないか届くまで不安だったけど運良く無傷で動作も問題なし。もうこればっかりは運送のお兄さんと神頼み。

大画面で高画質のYouTubeはアガる。

 

 

国内製のテレビは、Amazonよりダイレクト購入したことは有るが、今次購入のTCL32は中国製との事で一番気にしていたのが「初期設定が上手く出来るか?」と云う点だった。開梱も容易に出来、一番心配していた「初期設定」は、自宅の郵便番号を入力しただけで、後は全て内臓のプログラムに沿ってテレビ側が自動でしてくれ、全てが完了。「案ずるより・・・」で助かった。リモコン操作では評価4としたが、不慣れも含めての判定なので、”総合評価は5!”

 

 

ネットでは画面が白いとかリモコンが使いづらいとか書いてありましたが、素人目からすれば十分綺麗ですし、何よりBluetoothが使えるのがいい。ワイヤレススピーカーと接続して動画を視聴しています。リモコンの使いづらさも感じてません。
1人部屋で動画視聴したりゲームする分には申し分ないです。
個人的には大満足です!

 

 

動画・映画配信サービスのコンテンツを楽しむのに最適です。
最初の設定にやや時間を要しますが一旦設定できるとその後は非常にストレスなく楽しめます。
本機は地デジにもつなげますが私はつなげておりません。
現在のテレビのコンテンツは観るに値しない劣悪なものがほとんどであり
その為の時間をさくのは人生の浪費であり無駄だと思っています。
本機器は好きなコンテンツを好きなように楽しめる本当に優秀な機器です。

 

 

ダイニングのテレビを交換したいという両親に頼まれて購入。彼らは中華製にとってもとっても抵抗ありましたが、まあ、みておれと購入設置。国産の相場しかしらない両親はあまりの低価格&コスパの、良さに衝撃を受けて、もっと大きいのにすれば良かったとプチ後悔。ほらね言ったでしょ?てなかんじ。
画質よし、音よし、操作性よし、アンドロイドアプリ完備。もうお値段の張る国産にゃあ、戻れまへんがな。

 

 

リモコン一つで様々なアプリが操作して見れるなんて素晴らしい時代♡高齢の母にも簡単です。
コロナ禍の毎日が楽しくなりそうです。
正直、日本製ではないので不安でしたが、問題ないです。タイマー機能はないですが、このお値段なら満足しています。
これからはAndroid TVの時代ですよね。

 

 

2016年製の国産テレビと比べてチャンネル切り替え等が
機敏で値段も安いのに驚きましたまた写りも良いです
レビューが良いはずですね

 

新社会人で経済的に厳しい中、どうしてもテレビが欲しくなりポイントを貯めて購入しました。当初サウンドバーも欲しいなと思っていましたが、ワンルームで鑑賞するには文句なしの音質と画質です。
コスパは最強だと思います。

 

 

テレビの買い替えで通常の物にするかAndroidTVにするか迷ってました。安かったので、試しに買ってみたら凄く使い易いです。
いい買い物が出来ましたヤタ───ヽ(〃∀〃)ノ───♪

 

 

娘の部屋と私の部屋に1台ずつ買いました。
AmazonビデオやHuluなど利用しているので、とても良い商品に出会えたと思います。
録画用HDD、プレーヤーなどとにかく接続が簡単で何より安い事に驚いてます。

 

 

TCLは世界の大規模メーカ。日本ではあまり知られていませんが、欧州では最も多く使われております。日立の調達先でもあったようです。

良い口コミ・レビューがたくさん上がっています。

高評価なのがわかります。

発売あさいのに、すでにAmazon's Choiceに選ばれているのは評判がよく、間違いない証拠でしょう。

 

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビの性能・スペックは?

続いては、『TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビ』の性能・スペックを、紹介していきます!

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビのスペック

型番 32S516E
画面サイズ 32V型
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 55W
外形寸法 スタンドあり (mm)
W731 x H491 x D186
重量 4.4Kg
壁掛け対応 VESA寸法(市販金具) (mm)
W100 x H100
画面寸法 幅698 x 高さ392 x対角801 mm
画素数 1366 x 768
内臓チューナー BS・110度CSデジタル
地上デジタル(CATVパススルー対応)
ネットワーク機能 Android TVTM OS9.0 Google アシスト搭載
VOD機能 Youtube/NetFlix/Hulu/Amazon Prime Video/dTV/U-NEXT/GYAO!/ AbemaTV/SPOOX/Rakuten TV/ FOD/AWA/TELASA等)
付属品 取扱説明書/かんたんガイド/保証書
標準リモコン
miniB-CASカード

電源コード1本(1500mm)
スタンド本体及びネジ一式/転倒落下防止用部品一式/ AV端子変換アダプター

※仕様は変更になる場合があります。詳しくは販売ページを参照してください。

 

 

TCL 32S516E 32V型 Androidテレビの違いはどこ?圧倒的にTCL 32S516Eがおすすめな理由・機能とレビュー・口コミを徹底検証♪性能・スペックや評価、評判もチェック♪│まとめ

今回は、数ある Androidハイビジョンテレビの中でもアマゾンでも評判のよいTCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビについて、紹介しました!

安い値段ながら高評価に安心しました。

メーカー品のより高い Androidハイビジョンテレビもありますが、性能のよいものをできれば安く買いたいです。

 Androidハイビジョンテレビ欲しいけど高いのは嫌だし…と、思っている方も、この機種なら試してみたいと思えますよね!

一度使ったらやみつきになっちゃうかも…♪ぜひ試してみてください^^!

 

 

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 ハイビジョンテレビ

TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョンテレビ

【Amazon.co.jp 限定】TCL 32S516E 32V型 Androidハイビジョン Amazon Prime Video対応 スマートテレビ(Android TV) 外付けHDDで裏番組録画対応 2021年モデル

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・TCL(ティーシーエル)のAmazon店より引用)

-テレビ (家電&カメラ)

© 2022 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5