アプリ/ソフト

【Twitter】スペース機能が使えない原因と対策

スマホアプリ

Twitterのスペース(Spaces)ができない原因を解説します。

試験実装中のため、自分のアカウントや環境でスペース(Spaces)が有効になっていない、非公開(鍵)アカウントでスペースを開始(ホスト)しようとしている、
PCブラウザ版でスペースを利用しようとしている、このような場合に起きます。

【Twitter】スペース機能が使えない原因

「スペース」機能がまだ公開されている状態ではないことが原因となっています。

つまり、使う人によって、スペースが利用できたりできなかったりする、ということです。

【Twitter】スペース機能が使えない対策

まず、お使いのiPhoneやAndroidのTwitterアプリを最新のものにアップデートしてください。

そして、スペース機能を利用してスペース内で会話をしている場合は、スマホのホームの最上部に、紫色をしたアイコンが2つ隣り合って表示されているはずなので、これをタップしてアクセスしてみてください。

紫色の表示は、スペース機能が使える状態を示しています。

※スペース機能を利用しようとして、エラーが表示されて、スペース機能が利用できない問題が発生しています。

この場合は、まだスペース機能が使えないスマホであるので、解消するまで待つ必要があります。

これについては、いつまでというのがありませんので、公開されるのをしばらく待つようにしてください。

Twitter上のクチコミ

Twitterのスペース機能については、使える人と使えない人がいるようです。皆が使えるようになるまでは、しばらくかかりそうです。広く普及するまでは、しばらく掛かりそうです。

-アプリ/ソフト

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5