ニュース

宛名なし郵便とポスティングDMとの違いは?|NHKが導入の宛名なし郵便

ニュース・出来事

NHKは3日、宛名を書かずに住所だけで送れる日本郵便の新たな郵便サービス
「 特別あて所配達郵便」を7月から、受信料徴収業務に導入することを明らかにした。というニュース。

「 特別あて所配達郵便」は「宛名なし郵便」とも言われ、最もらしい名前が付いています。
ポスティングされる封書のDMとどこが違うのでしょうか?

住所だけなら、電話帳とかGoogleマップなどからでも拾えますし、それを記入してポスティングされる
封書のDMと同じではないでしょうか?と疑問を持ちました。

今回は、そのことについてまとめました。

宛名なし郵便(特別あて所配達郵便)

宛名なし郵便は、宛名を書かずに住所だけで送れる日本郵便の新たな郵便サービスです。

正式には、日本郵便の新たな郵便サービス「 特別あて所配達郵便」のことを指し、
今年2021年7月からスタートします。

NHKでは、受信料の徴収を合理化して行なうために、この宛名なし郵便を採用する
ことが発表されました。

日本郵便の新たなサービスなので、郵便料金は発生しますが、
受け取るほうとしては、ポスティングされる封書のDMと
ほとんど変わりないように思います。

そういったクチコミもTwitterされ始めています。

ポスティングされる封書のDM

ポスティングDMは、販促でマーケティングに基づいて絞り込んだ
エリアへ配布を行うDMです。NHKでも、これまで広く行われてきました。

不特定多数に宛てられることが多いのですが、
あらかじめ絞り込んだ住所範囲に行なうため、
電話帳とかGoogleマップなどで住所を特定することも出来、

ポスティングDMは、多くの場合封書に入れたものが採用されています。

こうなると、先に上げた宛名なし郵便と見かけは変わらず、
これまで届いていたNHKのものと大して変わらず、
受け取り手には同じではないでしょうかと思われます。

まとめ

今回は、宛名なし郵便とポスティングDMとの違いは?|NHKが導入の宛名なし郵便、と題して、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

受信料徴収の合理化となっていますが、
日本郵便の新たな郵便サービスを上手に生かした新手のDM
とも受け取れるため、今回このような記事をまとめました。

読んでいただいた方に、すこしでもお役に立てれば幸いです。

-ニュース

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5