キッチン家電

タイガー魔法瓶の萬古焼き 土鍋 ご泡火ほうび炊きJPL-G100とJPA-X100の違いとは何か?おすすめのJPL-G100レビュー・口コミを徹底検証♪土鍋ご泡火ほうび炊きの性能・スペックや評価、評判もチェック♪

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊き 違い

タイガー魔法瓶の土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100は、本物の土鍋を使った炊飯器として、タイガー魔法瓶の炊飯器炊きたてシリーズ発売から50年以上経過した歴史の中で高評価を得ていると話題になっています。

タイガー魔法瓶の土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100とJPA-X100の違いは、JPL-G100が土鍋の蓄熱性を生かして最高温度約280度の高火力で加熱し、米の銘柄に合わせた炊飯ができます。しかも土鍋特有の細かい泡で米を包み、うまみを逃さず芯までふっくら、本土鍋(四日市萬古焼き)ならではの香り甘さが堪能できる美味しいご飯が味わえます。米の銘柄炊き分けは70銘柄に対応しています。JPL-G100はさらに、超高火力と水分コントロールで少量炊きもできる秀逸さです。それに対しJPA-X100はアプリと連携し炊飯ボタンを押すだけで米の銘柄に合わせた炊飯ができる便利さです。しかもJPA-X100は水の量の調整が不要なんです。しかし細かい性能・本土鍋ならではの美味しさはJPL-G100のほうが秀逸です。

 

タイガー魔法瓶の炊飯器は、電子ジャー炊飯器の炊きたて、マイコンジャー炊飯器の炊きたて、IHジャー炊飯器の炊きたて、圧力IHジャー炊飯器の炊きたて、圧力IHジャー炊飯器の炊きたて土鍋ご泡火ほうび炊き、土鍋圧力IHジャー炊飯器の炊きたて土鍋ご泡火ほうび炊きと進化を遂げてきました。

さらに機種を明らかにすると、電子ジャー炊飯器の炊きたてはJCC-2700とJHG-A110/A180/A270、マイコンジャー炊飯器の炊きたてはJAI-R552とJBH-G102/G182とJAJ-G550、IHジャー炊飯器の炊きたてはJPF-A550とJKT-L100/L180とJPW-B100/B180とJPW-A100/A180、圧力IHジャー炊飯器の炊きたてはJPD-G060とJPA-X100とJPK-T100/T180とJPK-S100とJPI-H100/180、圧力IHジャー炊飯器の炊きたて土鍋ご泡火ほうび炊きはJPI-G100/G180、土鍋圧力IHジャー炊飯器の炊きたて土鍋ご泡火ほうび炊きはJPJ-G060とJPH-J100とJPL-G100が発売されています。

 

つまり、タイガー魔法瓶の土鍋ご泡火ほうび炊きは、タイガー魔法瓶の炊飯器炊きたてシリーズの最新シリーズであり、中でもJPL-G100が最新機種で、

炊飯の"仕上げ"と"保温"を、さらに進化させました。炊飯時の蒸らし⼯程で、新たに「間欠かんけつ呼吸」を採⽤。⾼温を維持しながら仕上げることで、お⽶の⽢みを引き出します。また、⽊製のおひつを⼿本にした「おひつ保温」も新たに呼吸回数を増やし、より本物のおひつに近づかせました。本体の底に搭載している温度センサーによって、最適化した呼吸間隔で湿度を細かく制御することで、より炊きたてのおいしさを⻑持ちさせます。また、「銘柄巧み炊きわけ」も前機種から進化し、70銘柄を炊きわけることが可能になりました。

とタイガー魔法瓶の炊きたてシリーズの中での、最新機種土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の違いが公式サイトに書かれています。

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

 

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

 

今回は、タイガー魔法瓶の炊飯器炊きたてシリーズの中でも最新機種、土鍋圧力IHジャー炊飯器の炊きたて土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の違いをさらに詳しくレビューします♪

JPL-G100の違い、レビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

 

 

タイガー魔法瓶 萬古焼き土鍋 ご泡火ほうび炊きJPL-G100の違い、レビュー・口コミを徹底検証♪

それでは、タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100のレビュー・口コミを確認していきましょう♪

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の残念なレビュー・口コミ

 

残念なレビュー・口コミはありません。

現在のところ、見当たりません。

 

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の良いレビュー・口コミ

おしゃれな感じのデザインとなっています。
けっこう重めで、どっしりと重量感があります。
米の銘柄に応じた最適な炊き方で炊くことができて便利です。
炊きあがったご飯は、見た目のツヤ感も良く、食べた感じもふっくらとしていて甘味が感じられ、おいしいです。
保温していても、良い状態がけっこう長く保てるように思います。
弁当に入れて冷めた状態でも、それほどかたくならずにおいしく食べられます。

 

このほかに、レビュー・口コミの書き込みはありません。

最新機種のため、Amazon.co.jp での取り扱い開始日も2021/5/1に発売されてから間がなく、Amazonでも高評価とはいえ、カスタムレビューが増えてくるのはこれからと思われます。

 

 

 

 

圧倒的にタイガー魔法瓶 萬古焼き土鍋 ご泡火ほうび炊きJPL-G100がおすすめな理由・違い、性能と特徴

 

土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100は、超高火力と水分コントロールで少量炊きもできる秀逸さ

 

①土鍋の高火力&遠赤効果、やさしい泡立ち
 「土鍋ご泡火ほうび炊き」による、究極の炊き技

②"仕上げ"が進化。高温の蒸らしで甘みを引き出す。
 「ハリつやポンプ」に「間欠かんけつ呼吸」を新採用。(New)

③"おひつ保温"が進化。温度センサーで呼吸をコントロール
 本物のおひつのように、おいしさ長持ち(New)

まとめると、超高火力と水分コントロールで少量炊きもできる秀逸な機能。タイガー魔法瓶の公式サイトに書かれています。

こう書くと、

タイガー魔法瓶の炊飯器炊きたて50年以上の歴史の礎に裏打ちされた技術ということで、これ以上書きようがありません。

 

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の性能・スペック

 

型番 JPL-G100K
サイズ 幅×奥行×高さ(約)㎝ 29.0×35.1×22.0
最大炊飯容量 5.5合(1.0L)
素材 土鍋(四日市萬古焼き)
ワット数(W) ‎1080 W
電圧(V) 100 V
商品重量 7.4 キログラム

内なべは、約1250℃の高温で焼き上げた四日市萬古焼きの本土鍋を使用し、なべの内側にフッ素コーティングが施され、お手入れがしやすくなっています。内なべが割れたり、フッ素コーティングが万が一はがれても、5年保証付きなので安心です。一般の土鍋にくらべて、約2倍の強度があるという四日市萬古焼きの土鍋だからこそ実現した保証だということです。

※性能・スペックは販売ページでもご確認ください。変更される場合もあります。

 

 

JPH-G100 紹介動画

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100の評判は?JPL-G100の口コミや評価・評判もチェックまとめ

炊飯の"仕上げ"と"保温"を、さらに進化させ、より炊きたてのおいしさを⻑持ちさせます。また、「銘柄巧み炊きわけ」も前機種から進化し、70銘柄を炊きわけることが可能になったそうです。

タイガー魔法瓶の炊飯器炊きたてシリーズ発売から50年以上経過した歴史の中で、もっとも優れたタイガー魔法瓶の炊飯器です。
ハイパフォーマンスに使い倒したいのであればJPL-G100はおススメしたい一台です。

 

 

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

タイガー魔法瓶 土鍋ご泡火ほうび炊きJPL-G100

【Amazon.co.jp 限定】 炊飯器 タイガー魔法瓶(TIGER) 5.5合 土鍋圧力IH式 土鍋ご泡火炊き 70銘柄巧み炊きわけ タッチパネル ブラック JPL-G100 K

 

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

タイガー魔法瓶 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて JPA-X100

タイガー魔法瓶(TIGER) 炊飯器 IoT機能搭載 2021年 5.5合 圧力IH式 土鍋神話 銘柄炊飯 炊きたて クラッシックブラック JPA-X100

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・タイガー魔法瓶(TIGER)のAmazon店より引用)

 

-キッチン家電

© 2022 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5