車中泊

車中泊に最適な布団類!車中泊を快適に過ごすグッズご紹介

車中泊

 車中泊で最適な布団や布団に代わるものをまとめました。これをやって全然車中泊が快適にならなければ、もう車中泊をやめてください。車中泊の経験が浅い私でも、車中泊を快適に過ごせた方法を惜しみなくまとめましたので、是非読んでください。

 キャンプならマットやシュラフ(寝袋)を選ぶのと同じように、車中泊で何が最適なのが検証してみました。どんな布団なのか寝袋なのか、布団なら敷布団と掛け布団はどう思いますか?そんな疑問にお答えしたいと思います。

車中泊での最適な布団類

布団類の選び方

 寒いって聞いて、布団を思い浮かべる人、多いと思います。家で寒い夜に暖を取る時、布団かコタツではないでしょうか?車の場合、車内にコタツを持ち込むのはどうかと思いますので、布団とします。

 布団があれば温度調整ができたり寒さ対策にもなり、車中泊で過ごしやすい寝床が確保できると考えます。でも、狭い車内で布団ってどうでしょうか?敷布団はどうですか?掛け布団は要りますか?布団の大きさや厚み、狭い車内のどこに置いておけますか?

敷き布団・車 中泊 エアマット

テント内マット

テント内マット

 敷き布団は、車内の収納スペースからして、ずっと敷いたままの状態だったらいいかも知れませんが、寝るとき以外は片付けたいですよね。

 そうなると、敷き布団の代わりはテント用のマット自動膨張式のエアマットが最適!普段は畳めばスペースを取らないし、使う時は自動で広げられます

掛け布団

羽毛布団

羽毛布団

 では、掛け布団はどうかと言うと、季節によりけりではないでしょうか?夏は、タオルケットがあればふだんは十分だと思います。

ダウンシュラフ

ダウンシュラフ

 夜中に冷えるかもしれない春や秋は薄手のシュラフか、軽い羽毛布団がその時々で調整しやすいと思います。それでも寒いと感じる時のために薄手の毛布を一枚用意しておきたいです。

 そして本格的に寒い、冬場は頭まですっぽり覆えるマミー型のシュラフ(寝袋)が良いです。厳冬期の冬山登山にも使えるものなら、もってこいです。

 シュラフはリュックにもコンパクトに収まるので、収納の使い勝手を考えると、春秋の羽毛布団よりシュラフに軍配が上がるのではと考えます。

 このように掛け布団については、その時々、季節により変えて準備するのがベターだと思います。

 枕が必要な人には、ずばり枕にもなる小型のエアマットが便利です。使わない時は、空気を抜けばペシャンコになるので、収納には負担になりません。

車中泊に適した収納は?

車内天井収納棚

天井収納棚

天井収納棚

 狭い車内をどうしたら広く便利に使えるか?課題ですね。床の上にはできるだけ物を置きたくないと考えるでしょう。その時に、おススメなのが、天井収納です。車内の天井に取り付ける収納棚ならアウトドア用品店やAmazonで買え、便利に使えます。

 車内の高さが低かったり、座高の高めな人にとっては、天井の収納をできるだけ抑えたいと考えるでしたら、固定の収納棚は出っ張りもあり邪魔かも知れません。その場合は、次の天井収納ネットの出番になります。

車内天井収納ネット

 車内天井収納ネットもAmazonなどで手に入れることができます。

 天井収納ネットは、ドアのすぐ上の取っ手を利用するか、取っ手の無い車の場合はドアのすぐ上の天井部分にサイドバーを取り付けて、そこにひっかけて使うものです。

 ピンと張ることで、天井収納ネットは車内の天井に張り付くような形になるので、使わない時は、ほとんど邪魔にはならないはずです。

 畳めばコンパクトになる、エアマットやシュラフなどは、ここへ収納します。さすがに羽毛布団は小さくコンパクトにならないので、車に乗せていく時は畳んで車内に乗せていきます。

まとめ

 今回は、車中泊に最適な布団類!車中泊を快適に過ごすグッズご紹介、と題してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 季節を問わず、車中泊には布団類は欠かせません。布団は快適に過ごすグッズとしてチョイス。そして、使わない時はできるだけコンパクトに、場所を取らないものを選ぶことで車内が広く使えます

-車中泊

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5