体験談・レビュー

【体験談】高校を留年したら友達はできるの?(答え)留年しても友達はできます。

学歴

高校で留年してしまったら新しく友達できるか不安だという人がいるようです。それなら中退したほうがいよいのでは、と思ってしまう人もいるようです。

これについて、不安に思わなくてもよい、私の体験があるので、紹介したいと思います。

高校を留年したら新しく友達できるのかなどについて、不安な人はぜひ読んでください。

読んでくれれば、かならず役に立つと思います。

 

高校 留年したら 友達できない?

まず初めに言いたいことがあります。もし相手が、友達でいる基準が「留年してない事」って考える人なら、人としてどうかなって思います。

そんな基準で友達選びするような人は、友達として相応しくないでしょう。

実際に留年するのは何か事情や理由があるからで、本人の努力ではどうにもならない場合もあります。

私の場合は、病気がちで登校日数が不足し、必要単位がどうしても足らなくて、3年を留年し、2回3年生となって過ごした経験があります。

やっぱり留年したくなかったし、皆と一緒に卒業したかったですが、単位不足でどうにもならず、不安もありましたが留年を受け入れました。

親もそんな私を見て、不安を持っていたようですが、周りはさほどでもなく、次の3年生の人もふつうに受け入れてくれていたようです。

ひとつ年下の人と同級生になることについて、馴染めないかもしれないという不安がありましたが、しばらく通ううちに立ち消えました。逆にひとつ年下の人とも友達にもなれて、人脈が広がって良かったと思ったほどでした。

結果は、中退しなくてよかったと思っています。3年を2回経験し、高校でしか味わえない時間をすごすことができました。

すこしでも前向きな考え、受け入れる気持ちが持てれば、おそらく何ら問題ないでしょう。

高校 留年しても 友達できる?

正直、当初不安はありましたが、明るく振舞っていたら、自然と新しい友達はできたし、何より2回目の3年生ということで、いろいろと聞かれることがあって、それに親身に応えていたら、ふつう以上に仲良くなれました。

また、とくに留年いじりにもなかったし、2回目の3年生のほうが勉強とかも当たり前だけど他の人よりスムーズで、すんなり卒業まで行きました。

たとえ根暗で影が薄かったとしても、おそらく大人しいとぐらいにしか見られなかったのではと、今では思っています。

結論として、高校留年しても友達はできます。

こちらが不安に思っているほど、下から上がってくる新3年生はなにも考えていません。

ふつうに接するだけで、仲良しの友達はできました。

 

まとめ

今回は、【体験談】高校を留年したら友達はできるの?進級や卒業できなくて留年しても友達はできます。という私の体験を紹介しました。

私の場合はとくに無かったですが、ひょっとしたら元同級生と出会ったりしたらすこし恥ずかしい思いをしたかも知れません。

それとて、ふつうに接していれば、最初に書いたように、もし相手が友達でいる基準が「留年してない事」って考えるような人でない限り、相手もふつうに接してくると思うので、なんとも無いでしょう。

さらに付け加えると、留年すると、その後の進学や、さらに就職などに影響するのではという先の不安もありましたが、高校卒業後は専門学校に入学できましたし、専門学校卒業時は大卒希望の求人に応募も出来たし入社もできました。

ということで、その後、高校の留年も学歴、就職にとくに不利もありませんでした。

以上のとおりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

関連記事

【体験談】求人で応募資格を満たしていない人の面接での答え方やそこまでの対策

 

-体験談・レビュー

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5