パソコン・周辺機器

TECLASTのタブレット M40とM40 SEの違いとレビュー・口コミを徹底検証♪TECLASTのタブレット M40とM40 SEの性能や評価、評判もチェック♪

TECLASTのタブレット M40とM40 SE

TECLASTのタブレット M40とM40SEがSNSでも取り上げられ、話題になっています。

 

TECLASTのタブレット M40とM40 SEの違いは、M40 SEがM40の廉価版であることです。

TECLASTのタブレットM40のRAM容量が6GBでCPUがUNISOC T618 Cortex 2GHzであるのに対して、M40 SEのRAM容量が4GBでCPUがUNISOC T610 Cortex 1.8GHzとなっています。また、M40 SEはイヤホンジャックが外されていますね。明らかにM40 SEがM40の廉価版であることがわかります。

ただし、M40 SEは専用接続式キーボードケース(別売)に繋げて、タブレットがPCに変身、ノートパソコンとして使えます。スマートキーボードで作業や書類、メール、パワーポイントをストレスなく編集できます。

 

TECLASTのタブレット M40

TECLASTのタブレット M40

TECLASTのタブレット M40

 

 

TECLASTのタブレット M40SE

TECLASTのタブレット M40SE

TECLASTのタブレット M40SE

 

 

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

 

今回は、珍しくなくなってきたタブレットの中でもコスパに優れたTECLASTのタブレット M40とM40SEの違いをさらに詳しくレビューします♪

TECLASTのタブレット M40とM40SEの違い、レビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの違い、レビュー・口コミを徹底検証♪

それでは、‎軽量タブレットで、ディスプレイは10.1インチ、解像度は1920x1200ピクセルで1080p Full HD Pixels 搭載モデルのTECLASTのタブレット M40とM40SEのレビュー・口コミを確認していきましょう♪

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの残念なレビュー・口コミ

 

TECLASTのタブレット M40 SE

画質は、この値段のわりには良いほうじゃな:かな
バッテリーに対しては自分が買ったのは初期不良なのか電池マークの%が19~20%までしか充電されなかったので持続時間はわかりません
自分がやっているゲームは、快適に遊べます。
それ以外は不具合もなく快適だったので残念です充電なかったので星1です

ホント残念なレビューです。

電池マークの%が19~20%までしか充電されなかったのは、表示不良なのでしょうか。

自分がやっているゲームは、快適に遊べます。とあります。

表示不良だとすると、実際に使える持続時間はわかりません。このまま使うとすると、不便ですね。その後どうされたのでしょうかね。

ただ、このような場合があったときには、一度カスタマーサービスに連絡を入れ、相談してみることをおススメします。

 

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの良いレビュー・口コミ

 

TECLASTのタブレット M40

今まで使用していたタブレットの動作が遅い事に満足いかず、コスパの良いタブレットを探していました。
ゲームはしないほうですが、今後、ある程度ゲームでも使えるよう、そこそこの性能とその他いろいろな評価を参考にして、このM40にたどり着きました。
使い方は家庭内でのWi-Fi使用のみです。

【購入の決め手】
10インチ、6GB RAM +128GB ROM、8コアCPU 2.0GHz、Android 10 、Google GMS認証+Bluetooth 5.0+GPS+6000mAh、日本語取扱説明書、価格、全体の評価

アフターサービスは利用してみないとわかりませんが、丁寧な連絡がきていましたのでとりあえず安心感はUPしています。また、商品の到着も早かったです。

購入してからの使用頻度はまだ少ないですが、全ての動作の速さには満足しています。
負荷のかかるゲーム等はしないほうなので、今のところ、自分の使い方では十分に満足しています。
特にRAMが6GBあることとROMが128GBあるのがいいです。
バッテリーは自分が思っていたほどはもたない気がするので、いろんなアプリの通信を見直したりしているところです。また、付属の充電器とケーブル以外では充電できないのでケーブルとの組み合わせか何かの制約があるみたいです。

 

 

LINE等の画像をスマホより大きく見るために購入
一か月以上使ってみて何も不都合はありません
ゲームもプリコネRをバトル2倍速までならOK
他の方が言われる様に充電時間は遅く
ディスプレイの色調も少し不自然ですが
私の用途では別に問題ありません
それよりもこの値段でここまで普通に使えることが
☆5評価の理由です

 

【RPG・SLGは◎】
FGOやこのすば、重めのウマ娘もサクサク動きます
1万円台でここまで使えると感動です
ただし、音ゲーはタップのラグが致命的でプレイはほぼ不可能です
FPSはやってないので、ちょっとわかりません

 

コスパ良し
自身で購入し家族にも同じものを購入しました。対応も良く家族にはハイパフォーマンスな性能ですね。

 

さっそくオンしたら、すぐに反応してたちあました。
設定して、さっそく試しにいろいろさわってみましたが、遅れることなくサクサク動きました。
数年前に購入した32Gタブレットが重くて、バッテリーもすぐに切れてしまうようになっての買い替えです。
microSDカードもはいるのでメモリーは大幅アップで重さは解消されそうです。
当然バッテリー持ちもよく、頻回に充電しなくてよくなりました。
データー移動もひつようなものはやっと完了しました。ゲームやYouTube鑑賞にもどんどん使っています。
購入してよかったと思います。

 

予想以上でした
手持ちのipadを娘に占領される時間が増えたのでコスパの良さそうだったこちらのタブレットを購入しました。帰宅後や休日に自宅で使用するのがほとんどなので私にはwifiが使えればば充分ですです。lineとYouTubeの視聴がメインの使用目的ですが、大画面と美しい画像で老眼でスマホが見ずらい私にとってはとても見やすく助かっています。私の使用方法ではストレージの容量もバッテリーの容量も充分です。
今度は娘の習い事の動画でも撮ってじっくり見てみたいです。

 

 

TECLASTのタブレット M40SE

fireタブレットHD10(第10世代)からの買い替えです。価格的にも近い商品なので比較しながらのレビューになります。

fireタブレットの良い点
 軽い
 アマゾンのサービスを使うには、使い勝手が良い。ホーム画面に読みかけの本が表示されたり、おすすめの本や動画が表示されたりする等。

TECLAST M40SEの良い点
 質感が良い。アルミ筐体で高級感がある。
 googleのサービスを使う場合は、TECLAST M40SEが良い。Androidスマートフォンを使っている方には、こちらがおすすめ。
 性能的にも、TECLAST M40SEが上。
 LTEに対応していて、モバイル通信が出来る。

簡単な比較でしたが、TECLAST M40SEに買い替えて、使う機会が増えました。

 

 

1万程度の中華タブレットを乗り継いできて、ある程度我慢するのは当然で、まあ主に本代わりのリーダーとして使えれば十分で、不満も感じて無かった訳ですが、この機種になって初めて我慢無しに大概の事ができるありがたさに、ちょっと喜んでいたりもします。
とはいえTeclastも3台目。今までの2機種はいずれもバッテリーが弱く、額面通りに長時間稼働できたとは言い難かったです。おまけに今まで使っていたP20HDは、9か月目を過ぎるころから残量15%をきると1分ほどでいきなり0%になる有様でした。買ったアマゾン内のショップに連絡しても無しのつぶて。まあ、初期不良でもなければそんなもんでしょうね。
というわけで買ったこいつですが、確かに評判通り画面は暗いです。P20HDに比べても最大輝度は70%程度です。特に炎天下で使うわけでもないので特に問題はないのですが、逆にむしろ鮮やかでもない分目に優しい感じもします。「本」代わりに使うなら長時間見つめるわけですからそこが大事ですね。今までTeclastを使ってきた理由は画面がなぜか「目に優しい」かったからです。他メーカーのものも使ったのですが、長時間使用で目が痛くならないのはなぜかTeclastでした。理由は分かりません。単なる経験です。Fire7あたりは数時間でギブアップします。どなたか追試をしてもらえないでしょうかね。
あと、simスロットがとてつもなく硬かったです。私の個体だけかもしれませんがかなり強く押し込んでやっと出てきました。カチャカチャ出し入れしなおしても柔らかくならないので、そういうパーツを使ったのでしょう。Teclastは安い分、なんかありますよね。必ず。私だけがハズレを引き続けているのですかね。Teclastだけ。ほかのメーカーでは、ハズレを引いたことはないのですが。
といってもその他は思っていた以上に快適なので、買ってよかったです。もっといいのもあるようですが、価格対性能比を考えれば、1.8万円程度のこれで十分以上だと思います。

 

 

7/6に購入して2週間あまり程経過した時点での感想になります。今まで使用していた機種が電源の不具合が多く、そしてRAMが2GB、ROM:16GBと低性能で動作が重く結構ストレスでした。買い替えようと思い色々探していた所、TECLAST製品にたどり着きコスパも良く購入を決心しました。まだ試用期間は短いですがネット検索と動画鑑賞が主な使用目的ですが、サクサク動いてくれて満足しています。RAMも4GB、ROMは128GB、バッテリーが6000mAhと私にとっては高性能なので、これからは写真の保存や資料作成等活用範囲が拡大して行くと楽しみであり、末永く付き合ってくれるものと期待している所です。

 

 

TECLAST M30からの買い替えですが、満足しています。M30に比べ軽く動きも問題なしです。
解像度は落ちましたが、そこまで必要としていない為、軽さのほうが重要です。
android 10もアップデートがあり、しばらくは大丈夫でしょう。8インチの製品もTECLAST
P80Xを愛用していますが、なかなか良いです。他社の製品に浮気をしたことがありますが、
スペックが良いのにハズレが多かったです。これからもTECLASTの製品をメインに使っていきます。

 

 

国産のタブレットと比べてコスパがとても良いです。
もちろん値段が値段なので重ためのゲームやカメラで綺麗な写真などの目的で買う方はいないと思います。
Zoomや軽めのアプリを使うサブ機で使いましたが、予想していたより遥かに爽快に動作します。
カメラの画質、スピーカーの音などもちろんiPadと比べるまでもありませんのでメインとして使うのであれば不満は多々あるかもしれませんが、今までの同価格帯のAndroidタブレットの中ではダントツで快適に使えます。
電子機器の使用頻度が増え、メインに加えて時々必要となるサブのタブレットとしてはとても良いです。

 

 

 

 

 

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの違い、性能と特徴

 

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの違いや性能

TECLAST タブレットは豊富な動画、電子書籍、ゲーム、音楽などをダウンロードできます。MicroSD(TF)カード(FAT32だけサポート)を併せるとさらに512GBまでメモリ拡張でき、容量不足の心配は不要です。500万画素のリアカメラと200万画素のフロントカメラを内蔵している為、鮮明な写真が撮影できます。

最大8時間の長稼働6000mAh大容量バッテリーで、映画・読書・ブラウジングを楽しめます。

高解像度1920*1200フルHDガラスタッチスクリーンは広い枠で設計されており、視野を広くして、より良く鮮やかな視聴を可能にします。

 

TECLASTのタブレット M40

製品サイズ 24.3 x 16.3 x 0.93 cm; 920 g
商品の寸法 24.3 x 16.3 x 0.9 cm
ディスプレイサイズ 10.1 インチ
解像度 1920x1200ピクセル
CPUタイプ Cortex
CPU速度 ‎2 GHz
RAM容量 ‎6 GB
メモリタイプ DDR4 SDRAM
HDD容量 128 GB
ハードディスク種類 EMMC 5.1
通信形式 Bluetooth WiFi
重量 ‎920 g

 

 

TECLASTのタブレット M40SE

製品サイズ 24.1 x 15.9 x 0.92 cm; 900 g
商品の寸法 24.1 x 15.9 x 0.9 cm
ディスプレイサイズ 10.1 インチ
解像度 ‎1920x1200ピクセル
CPUタイプ ‎Cortex
CPU速度 1.8 GHz
RAM容量 ‎4 GB
メモリタイプ DDR4 SDRAM
HDD容量 ‎128 GB
ハードディスク種類 EMMC 5.1
通信形式 Wi-Fi
重量 522 g

 

※性能・スペックは販売ページでもご確認ください。変更される場合もあります。

 

 

 

 

 

 

TECLASTのタブレット M40とM40SEの評判は?TECLASTのタブレット M40とM40SEの口コミや評価・評判もチェックまとめ

小型で軽量、ふだん使いに適しているのがTECLASTのタブレットです。

軽量タブレットで、ディスプレイは10.1インチ、解像度は1920x1200ピクセルで1080p Full HD Pixels 搭載モデルのTECLASTのタブレット M40とM40SEです。

廉価版のM40SEでも、使い方によっては抜群!のコストパフォーマンスのタブレットです。
もし、よりハイパフォーマンスに使い倒したいというのであれば上位モデルを選びましょう。

ふだん使いに使う方は廉価版のM40SEで十分活躍します。レビューでもそう書かれています。
ふだん使いがメインの方は廉価版のM40SEの方がコストパフォーマンスに優れていますね♪

 

 

 

TECLASTのタブレット M40

TECLASTのタブレット M40

TECLASTのタブレット M40

TECLAST M40 タブレット 10インチ、6GB RAM +128GB ROM、8コアCPU 2.0GHz、4G LTE タブレット PC デュアル Wi-Fiモデル Android 10 、解像度1920*1200、Google GMS認証+Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+カメラ5MP/8MP+6000mAh+TF拡張+SIM通話、日本語取扱説明書付き

 

 

TECLASTのタブレット M40SE

TECLASTのタブレット M40SE

TECLASTのタブレット M40SE

[2021 NEWモデル] TECLAST タブレット 10インチ M40SE、4GB+128GB、1.8GHz 8コア CPU、4G LTE モデルタブレットPC、Android 10.0、1920*1200 IPS ディスプレイ、Type-C+Bluetooth 5.0+GPS+デュアルWiFi+6000mAh+Google GMS認証+SIM通話+キーボード対応+最大512GB TF拡張、日本語取扱説明書付き

 

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード

TECLAST M40SE 専用 タブレットPC用キーボード、10インチ、キーボード付きカバー、黒

(写真、スペック、カスタムレビューなど、TECLASTのAmazon店より引用)

-パソコン・周辺機器

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5