車&バイク

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7のSEとPEの違いを比較!レビュー・口コミを徹底検証♪ATOTO カーオーディオプレーヤー F7の性能や評価、評判もチェック♪

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SE・Apple CarPlay

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7のSEバージョンがAmazonでランキング上位になり、話題になっています。

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7には、SEとPEのバージョンの違いがあります。

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7のSEは、F7 Standard Editionの略で、カメラ機能にはバックカメラ入力が付いています。

一方、ATOTO カーオーディオプレーヤー F7のPEは、F7 Pro Editionの略で、カメラ機能にはバックカメラ入力 AUXオーディオ/ビデオ入力およびフロントカメラビデオ入力の2つが付いています。

 

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7のSEとPEのバージョンの違いは以上のカメラ機能の違いです。

バックカメラとフロントカメラの両方を使いたい場合は、ATOTO カーオーディオプレーヤーF7のPEを選びましょう。

 

 

ATOTO  F7 Standard Edition標準 F7G211SE

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SE

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SE

 

ATOTO F7 標準 F7G211SE 10 インチ カーオーディオプレーヤー、Android Auto&CarPlay接続、Bluetoothハンズフリー/ A2DP、急速充電、電話ミラーリン(AutoLink)、LRV付きHDリアビュー、USB / SD(最大2TB)(IAH10D)

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

 

 

※関連品

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

 

ATOTO F7 Pro オーディオ一体型ナビ-Bluetooth、電話ミラーリング(自動リンク)、電話充電、USB & SD再生(最大2TBストレージを読み取る)を備えたCarPlayおよびAndroid Autoレシーバー(10インチフローティングディスプレイ)F7G210PE
ATOTO
ATOTO F7 Pro オーディオ一体型ナビ-Bluetooth、電話ミラーリング(自動リンク)、電話充電、USB & SD再生(最大2TBストレージを読み取る)を備えたCarPlayおよびAndroid Autoレシーバー(10インチフローティングディスプレイ)F7G210PE

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

 

 

※関連品

3枚 VacFun フィルム , ATOTO F7 PE (Pro Edition) 10.1インチ F7G210PE 向けの 保護フィルム 液晶保護 フィルム 保護 フィルム(非 ガラスフィルム 強化ガラス ガラス ケース カバー ) ニューバージョン

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

 

 

今回は、カーオーディオプレーヤーの中でもコスパに優れた、ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEが出て、Amazonの売上ランキングで上位に上がってるので、ATOTO F7 Pro Edition F7G210PEとの違いをさらに詳しくレビューします♪

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの違い、レビュー・口コミを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

 

 

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの違い、レビュー・口コミを徹底検証♪

それでは、‎ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEのレビュー・口コミを確認していきましょう♪

 

 

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SEの残念なレビュー・口コミ

届いたものが不良品→交換→また不良品→在庫が無いのですぐに交換修理できないと言う流れで、未だに不良品を使っています。お金を払って満足な使用が出来ないのは残念です。

 

こちらのレビュアーさんはATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SEを買われています。

最近のカーオーディオを付けている人でもバックカメラ機能付きは最低ラインといった印象です。

いろいろ機能が付いているに越したことはありませんが普段使いならカーオーディオプレーヤーあれば十分です。

このレビュアーさんの購入された個体はハズレ個体だった可能性が高く、いわゆる初期不良があったのでしょう。それが2度もとは。。。

このような場合にはカスタマーサービスに連絡を入れ、相談してみることをおススメします。

 

 

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの残念なレビュー・口コミ

半月ほど、使用して特に異常はなくスマホと繋がっていました。
最近、繋がりません。ケーブルを変えてもダメでした。サポート等やってみましたが、ダメです。
どうしたらいいでしょうか?

 

こちらのレビュアーさんはATOTO F7 Pro Edition F7G210PEを買われています。

このレビュアーさんの購入された個体も初期不良があったのでしょう。

このような場合も、すぐにカスタマーサービスに連絡を入れ、相談してみることをおススメします。

 

 

 

 

 

 

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SEの良いレビュー・口コミ

 

2ヶ月間ほぼ毎日使用しての感想になります。

良いところ
・Bluetooth接続が早い。
・音質はそこそこ。ト○タ純正と同じくらい。
・画面が固まったりしない。
・コスパは最高。
・画質が良い。

気になるところ
・CarPlay使用時の充電速度が遅い。
・タッチパネルが光沢なので指紋が目立つ。
・時々Bluetoothが切れる。
・所々、日本語がおかしい(中華あるある)
・ミラーリングを使用していると、CarPlayの画面に切り替わる。これはかなり高頻度で起こる(私の設定ミス?)

気になるところの説明でも。

充電速度に関してはかなり遅いです。私はiPhone Xを使用してますが、少しずつ電池が減っていきます(使用量>充電量)。低電力モードにすると減らないですが増えもしません。

ミラーリングに関してですが、あまり期待しない方がよろしいかと思います。
ミラーリングに接続して1分くらいすると勝手にCarPlayの画面に切り替わります。
問題ない時は問題ないのですが、半々くらいの確率で切り替わります。

気になるところはありますが、値段と機能を考えると文句も言えません。
私のように必要最低限のナビ、Bluetooth接続、ラジオ、バックカメラの機能を求めてる人には最高の商品ではないでしょうか。
ATOTOにハマりました。正直他の製品も気になっていて欲しいくらいです。

2021/8/19 追記
ミラーリング問題は解決しました。
ミラーリングアプリを先に開いてからiPhoneを繋ぐと良いみたいです。
今までは
本体起動→iPhoneを繋ぐ→CarPlay起動→ミラーリングアプリ起動
だったのですが
本体起動→ミラーリングアプリを起動→iPhoneを繋ぐ

にすれば問題なく使えました。
ミラーリングのアプリよりCarPlayの方が優先度が高いみたいですね。
このやり方だと途中で落ちることはありません。ATOTOさん批判してしまい申し訳ないです。(説明があれば100点でした)

 

 

Apple CarPlayが搭載されているにもかかわらず、リーズナブルな価格のATOTO製カーステレオです。当初はAMAZONでも評価の高いSA102スターターを考えていましたが、新製品のF7 SEに決めました。購入の決め手は奥行きが短いこと。多くのケーブル類が混在して狭いダッシュボックスの中に、F7 SEは全く苦労せずにセットすることができました。あと、別売のハンドルに設置できる赤外線リモコン(AC-44F5)が使えること。ただ注意点として、F7本体で赤外線通信を遮蔽しない位置にトランスミッターを設置する必要があります(本体から下に垂らすように設置すればOK)。ステアリングリモコンのない車には超便利なアイテムです。USB接続しない時(Apple CarPlayを使わない時)はBluetoothで確実にiPhoneとつながります。音質も問題なく、期待以上の性能でした。カスタマーサービスの対応も非常に良く、メールで問い合わせると、適切な対応策を指示してくれました。

 

 

SA102に不具合があったため返品。その後、ATOTO A6Y/S8/SA102 接続ハーネスケーブル(スズキ用)が使用できるかサポートに確認し、この商品を購入。簡単に取り付け出来ました。

U/Iはこちらのほうが良いかも。起動時間はSA102より若干遅い。音質は値段なりです。ラウドネス設定がありません。その分SA102のほうが迫力ある音がした。
AutoLink接続でYOUTUBE再生も問題なく見れました。(iphone SE2)
サポートの対応が良かったので星5つ

 

A6Yが購入から3年でタッチパネルが反応しなくなりこちらに変えました。

プロと迷いましたが、SEの方が音量周りがタッチパネルなのでスタイリッシュかなと。
細かく角度調節したい方はプロの方が良いかと思います。
A6Yでは毎回テザリングするのが不満でしたが、こちらはケーブルを挿すだけなので手間もなく快適に使えています。
ナビゲーション音量と音楽の音量を個別に設定できるのも良いです。
不満点としては、Android autoにYahooカーナビが無い事ぐらい。

 

 

最も安価にApple CarPlayを使うにはベストな選択

まず第一に7インチ2DINのディスプレイオーディオとして17999円(購入時価格)で購入できること。国産某メーカーのサイト直販でも34800円。私はホンダのライフJB5に取り付けましたが、通勤時にCarPlayで音楽を聴きながら運転するのに安価で買えるものを探していたところ、ATOTOというメーカーのものを見つけました。初めはこの中国製の製品に品質面や操作性に若干の不安もありましたが、AppleのCarPlayに対応しているリナックスOSベースの商品ということで使ってみることにしました。現在大なり小なり、国内メーカー製と言っても中国で製造もあるし、液晶タッチパネルや基盤にしても中韓製がほとんどです。惜しいところは取説やパッケージにAppleCarPlayの認証ロゴが記載されていないところです。
取り付けての感想ですが、取り付け自体には問題はありませんでした。オーディオ側のハーネス(電源等のケーブル)は自分でキボシ処理が必要だということです。コードには1本1本ラベルがついているので、車両側コネクター販売メーカーのパッケージ裏の図を参考にオスメス間違えないように取り付け処理をすれば問題はないでしょう。
タッチパネルの感度や色味も全く問題ありませんでした。マイクロSDカードに落とした動画も綺麗に再生されるのにはこの価格でと思うと、いい世の中になったものだと思いました。
音質についても、車両純正スピーカーでデッドニング等はしていない状態で悪くはない音質です(そこはあまりこだわっていない。イコライザーのプリセットで自分好みに寄せれば問題なし)
ほぼCarPlayで使用しているのでFMラジオやBT接続は使用していませんが、FMラジオはエリアスキャンで最寄りの放送局は登録できるし一般的なFM機能はあるようです。BT接続に関しては当方iPhone11使用ですがブルートゥースのバージョンのせいか本体側のせいかはわかりませんが、CarPlay接続と比べて、音質はすごく悪いです。
私はデザイナーとしているのでデフォルト画面のアイコンのデザインや使用フォントのカッコ悪さがきになります。日付の表示も、2枚目の写真のように四月7 2021と表示されています。リナックスOSのAPRILを日本語置き換えすると四月となるのでしょうが、あまりに唐突でATOTOのフィードバックにメールで改善報告をしています。ソフトウエアアップデートもホームページを見てみると改善はされるようで、この辺は期待大です。
本体と同時にステアリングリモコンも購入しましたが、使い勝手はさらに向上するのでオススメです。古い車だとハンドルにリモコンがついていないですし。安全運転にも貢献します。
ハンズフリーのマイクも付属しているので運転中の電話にも答えることができます。
耐久性は未知数ですが、製品としての完成度は高いと思います。私のようにCarPlayを安価で使いたい方にはちょうどいい製品だと思います。国産2DINカーオーディオ取り付け車には問題なく取り付けできるでしょう。同包される隙間を埋めるパネルは形成バリがありここは要改善点です。
中国製製品に抵抗がない方にはオススメです。私も使用していて大変満足しています。使用フォントやアイコンデザインのアップデートなどで完成度が高まっていけば、大化けすると思い、今後にさらに期待です。
【続き】
その後F7SE10.1インチを再購入しました。大画面はやはりいいですね。車両のインパネデザインによっては送風口やスイッチ類と干渉することもありそうです。モニターの発色も綺麗でiOSのマップのナビもすごく見やすいです。フローティングモニターなのでパネルが手前に来てアイコン等も大きくなって7インチより操作しやすくなりました。

 

 

買ってからたぶん四ヶ月くらいしたので感想を書きます!
iPhone user なので CarPlay で活用しています。中国製だと思うのですが、使いやすさはいいです。

今までで数回だけ途中で接続が一瞬切れてしまうことが走行中にあったのですが、原因がこのデバイスなのか、車なのか、コードなのか判断はできないので下手に評価に含めないでおこうと思います。ある時、Amazon Music が使えなくなる期間(2021/8月中旬〜2021/10月初め)がありましたが、原因はiOS15へのアップデートで相性が悪くなったことでした。現在(2021/10/25)には Apple側が改善し、問題なくスムーズに使えています。

Amazon Music, Podcast, Google Map, iPhone Map, などをよく使用していますが、本当に良いです。
個人的には非常におすすめです。

 

 

 

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの良いレビュー・口コミ

同メーカーのAndroidナビと迷いましたが
SA102を選びました

Androidナビを素直に選択できなかった点は
Wi-FiかBluetoothの通信環境が必要なことでした
ポケットWiFiかスマホのデザリングが必須

AppleCarPlayが使える製品が使用目的に一番近かったので
それらを物色していました
カロッツェリアのCarPlay対応品か
同社のAndroidナビにAC-WCPAA48 スマートフォンリンクアダプターを付けるかの二択で悩んでいたところ
SA102を見つけて迷わず購入しました
iOS13+iPhone6sで使っていますが
グーグルマップ、ヤフーナビ、Appleマップでのナビなど十分使えます
ラジオも日本の周波数で使えます
AUXにテレビチューナーを接続しているのでテレビも見ることが出来ます

製品としてとても満足しています
ただ、届いたUSBケーブルの接触が悪くiPhoneを認識しない
本体の電源が落ちるなどのトラブルが有ったのですが
サポートへメールを送ったところ
1週間ほどで代替えのUSBケーブルが届きました
サポートの対応◎です

 

音楽のMP3再生、動画のMP4をmicroSDカードから再生した際の状況について書き込みます。どちらもレジューム機能が有り再生中にエンジンを切って用事を済ませて再びエンジンをかけると続きから再生が始まって便利です。(私の場合ラジオ番組とか長時間のMP3を再生する機会が多いので、、) MP3にタグを埋め込めば、曲のタイトル、アーティスト名、アルバム名を表示させることも可能です。
このときMP3に埋め込むタグの仕様はかなりクセがありました。最初は文字化けしてうまく表示出来ませんでした。試行錯誤した結果、ID3v1 タイプで文字コードをGB18030にする必要が有ることが分かりました。EasyTAG ってソフトでID3v2のタグからコードを変換して埋め込む事が出来たので今は問題無く使えてます。
元々CarPlay用に購入しましたがこちらも問題無く使えていますよ。
コスパとても良いです。

 

 

使い勝手は、めちゃいいです。ケーブルに携帯させば、CarPlayがすぐに起動します。音楽からナビまで、携帯の画面より大きく、見やすいので便利です。また今回、同時にリモコンも購入しました。ステアリングに装着して、これまた便利。スイッチを押すだけで、様々な使い方ができますし、付属のマイクを通して、siriみたいに用意に電話も出来ます。あと、この系のオーディオはラジオの周波数が日本に合っていないのが多いですが、これは、その点問題ありません。オートでサーチして、バッチリ聞けます。それにもまして、簡単な質問をメーカーにしたら、即メールで回答来ました。この点が、この製品、メーカーの良いところかも。少し褒めすぎかな、まぁ本当のことですが。知り合いの車にも、これを推薦します。

 

 

ダイハツ ハイゼットカーゴ、S320Vに取り付けました。
この価格で素晴らしいクオリティです。
付属のフレームはサイズが合わず無理やり押し込みました。
初のcarplayも快適。
カプラーは付属していないので、ATOTOのダイハツ用を購入しスムーズに取り付けできました。
また、ファームウェアのアップデートが必要かと思い問い合わせたところ、英語でのやり取りですが、迅速かつ丁寧な対応でした。
最新のファームウェアは7.0.3だそうです。

Bluetoothを接続したままCarPlayにも接続すると、音が流れないことがありますが、iPhoneであればオートメーションのアプリでCarPlayに接続したときにBluetoothをオフにする設定をすれば、スムーズに切り替えできます。

 

 

仰々しいカーナビは不要。地図のアップデートもお金がかかるし煩わしい。せっかくAppleMusicも加入しているのだから、ということでApple Carplayを使えるレシーバー的なものを探していたけど、何げにみんな良いお値段。
そこでシンプルイズベストなアイテムを見つけたというのがこれでした。

値段の割にしっかり動く。Yahooのナビもしっかり使える。スマホのナビなのでMapはもちろん最新。交通情報も反映する。一時停止なんかも教えてくれるから最近はとても助かる。

もちろんApple Musicも使える。
地デジはそもそも見ないので本当にこれで必要最低限で十分な機能。
ラジオも普通に日本のバンドを使えるから問題なし。

Apple Carplayを使うなら本当にこれで十分。
使うためにはLightningで接続しないとならないけど、そもそも車で移動中に充電するからそもそも問題にならない。

ちなみに自分は別途、ハンドルに後付け出来るリモコンを購入しました。
(Amazonには良いのが無いからAli○xpressで買いましたが)
これをしっかり設定すればマイクボタン押すとSiriも使えるし、もちろん手元で音量調節や曲送りなども出来ました。
説明書は「解読」する必要があるけど、なんとか頑張りましょう。そんなに難しく無いかと思います。

とにかくこれのおかげでカーステ(カーナビ)周りはとても快適になりました。
(音質はそもそも車のスピーカー環境に依存する方が大きいかと思うので、ノーコメントで)

というわけで、シンプルかつ最新情報を使えるナビが欲しいならこれで良いかと。

 

 

Apple CarPlayがこの価格で使えるのは幸いですね

AppleCarPlayが使いたくて、評判の良いATOTOのものを選びました。
日本のメーカーのカーナビは、経路探索が気に入らないものが多く、ヤフーカーナビをもっぱら使っており、これを大画面で見られるのがベストと判断したからです。
ヤフーカーナビは、電話番号でも施設名でも住所でも、同じ入力窓に入力する簡単UIです。
市販のカーナビは、まず検索を住所、施設名、電話番号のどれにするのか選ぶのが多いです。また、やたらと高速道路を案内します。

ということで、期待をして取り付けました。
スバルエクシーガには、車側の取付金具にねじ穴がぴったり合い、簡単に取り付けられました。
CarPlayも簡単に設定でき、早速ドライブに出かけました。

iPhoneはワイヤレス充電ができるホルダーに固定、SA102からのUSBをiPhoneにつないでいます。
iPhoneのアプリのヤフーカーナビとアマゾンプライムミュージックのおかげで、快適にドライブが楽しめました。

 

 

 

 

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの違い、性能と特徴

 

 

AATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの特徴

 

オペレーティングシステム:Linux;システム言語:英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語。

プリアンプ:最大4*24W RMS内蔵、 4*45W(Vcc=14.4 v、THD=10%)のアンプを搭載しています。RMSのパワーアウトは、優れた日常のリスニングに最大パフォーマンスを伝えるための最も受け入れられた実用的な指標であるため、より高い最大パワーアウトを強調するだけでは意味がありません。7バンドEQをプリセットして、10段の調整可能な周波数を持っています。

Bluetooth:Bluetooth 4.2、HFP / HSP / A2DP / AVRCP / PBAPをサポートします。ラジオチューナー:備えた内蔵FM / AMラジオチューナーがあります。

ディスプレイ:600cd / m2新しい178°全方位角度IPSディスプレイスクリーンを備えたフルHD 10.1インチ1024×600 5-タッチ静電容量性タッチスクリーンを使用しています。

GPS /ナビゲーション:iOSCarPlayまたはAndroidAutoをシステムに統合するための特定のハードウェアソリューションがあり、iOSマップまたはGoogleマップ/ Wazeを携帯電話で利用できる限り、大きなHD画面で実行できます。

と、Amazonの販売ページに書かれています。

不自然な日本語なところがあるので、公式サイトの翻訳と思われます。

 

 

AATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの性能・スペック

 

製品番号 F7G211SE F7G210PE
OS Linux Linux
電話リンク 有線CarPlay; 有線Android Auto; 有線電話のミラーリング 有線CarPlay; 有線Android Auto; 有線電話のミラーリング
Bluetooth SBCコーデックを備えたBluetooth4.2 SBCコーデックを備えたBluetooth4.2
電話充電 CP / AA接続中の高速電話充電 CP / AA接続中の高速電話充電
外部メモリデバイスのストレージ容量 最大512GB SSDまたは2TBSSDをサポート 最大512GB SSDまたは2TBSSDをサポート
ビデオ入力 HD 720P リアビューカメラ入力 HD 720P リアビューおよびフロントビューカメラ入力

※性能・スペックは販売ページでもご確認ください。変更される場合もあります。

 

 

 

 

ATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの評判は?AATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEの口コミや評価・評判もチェックまとめ

AATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEとATOTO F7 Pro Edition F7G210PEは、安価でコストパフォーマンスを求める人にお勧めしたいカーオーディオです。

とくに、Apple CarPlayを使いたい、iPhoneユーザーには良いでしょう。

道路に集中しながら、電話をかけたり、音楽にアクセスしたり、メッセージを送受信したり、道順を調べたりすることができます。もちろん、交通安全をつねに意識して使っていただきたいです。

使い方によっては抜群!のコストパフォーマンスでスピーディーなドライブを楽しくさせてくれる一台です。

もし、バックカメラとフロントカメラの両方を使いたいというのであればAAATOTO カーオーディオプレーヤー F7 Standard Edition標準 F7G211SEかATOTO F7 Pro Edition F7G210PE、もしくは同シリーズを選びましょう。

 

 

 

ATOTO  F7 Standard Edition標準 F7G211SE

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SE

ATOTO F7 Standard Edition標準 F7G211SE

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

 

 

 

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

ATOTO F7 Pro Edition F7G210PE

ATOTO F7 Pro オーディオ一体型ナビ-Bluetooth、電話ミラーリング(自動リンク)、電話充電、USB & SD再生(最大2TBストレージを読み取る)を備えたCarPlayおよびAndroid Autoレシーバー(10インチフローティングディスプレイ)F7G210PE
ATOTO

Amazonでご購入の際、プライム会員ならクレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイントが貯まります。

Amazon Mastercardご利用なら通常カード利用ポイント率よりお得です。

 

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイトATOTO・Amazon店より引用)

-車&バイク

© 2022 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5