アウトドア関連用品

CB-AH-41F新型のCB-AH-41F旧型との違いと圧倒的にカセットフーBO-プラスがおすすめな4つの理由や生産がどこの国かも紹介

イワタニのカセットフーBO-プラス CB-AH-41F

イワタニのカセットフーBO-プラス CB-AH-41FがSNSで話題になっていますね♪

でも今までのカセットフーBOのCB-AH-41とCB-AH-41Fは一体何が違うのでしょうか?

CB-AH-41F新型のCB-AH-41F旧型との違いは、CB-AH-41がCB-AH-41Fになって、安全装置に立ち消え安全装置が付いて、風や吹きこぼれなどで火が消えてしまったら、自動的にガスが止まるようになりました。今まで以上に、より安全に使えるようになったという訳です。

このほかにも、イワタニのCB-AH-41とCB-AH-41Fについてスペックなどにも細かい違いがあるようなので、くわしく紹介していきます。

 

 

 

わたしがカセットフーBO-プラス CB-AH-41Fにした5つの理由

 

CB-AH-41Fに立ち消え安全装置が付いた

今までのカセットフーBOのCB-AH-41がCB-AH-41Fになって、今までの圧力感知安全装置の他に立ち消え安全装置も付いて、より安心して使えるようになりました。

今までの圧力感知安全装置はボンベが加熱されて中の圧力が異常に高くなると自動的にボンベが外れて、火を消してくれるようになっていたんですが、さらに今回の改良で風や吹きこぼれで火が消えてしまったら自動でガスを止めてくれるという安全装置が付いたんです。

これにより、今まで以上に便利で安心して使えるようになったんですね。

 

 

カセットフーシリーズで最強火力なのが便利(CB-AH-41とCB-AH-41F共通)

中華料理や炒め物にIH調理器具では、火力が物足りないので購入しました。

中華鍋以外は最大火力を使うことは無いと思われます。

CB-AH-41やCB-AH-41Fの4.1kwの火力はどちらも流石です。

火力は強いほうが使いやすいです。大は小を兼ねるとはこのことです。

大鍋でそうめん使用を茹でましたが、十分な火力がありました。一般家庭のガスコンロの強火の方の火力くらいあると思います。
またそのあとカレーも作ったほど、カセットボンベのもちも、よかったです。
IHのカセットコンロも考えましたが、この災害の多い昨今、こちらの方が絶対いいと思います!

家庭で焼き肉でもやるならいいですよ。
火力は申し分ないし。
なのでいつも火力を絞って使用しています。

イワタニのカセットフーシリーズの中で、一番火力が強く、「焼く」「煮る」「炒める」がよりラクになりました。

火力が使うと、手早く調理できるので美味しさが違ってきます。

料理の分量が増えても強い火力だと便利に使えます。

 

 

 

ダブル風防で屋外で使う時も安心です(CB-AH-41とCB-AH-41F共通)

カセットコンロにはいろいろ出されているが、このフ―BOは旧型のCB-AH-41も新型のCB-AH-41Fも、風に強く、火力も強く、最強です。
特に、風の強い日にお湯を5リッター沸かすのに時間がかからず、通常のカセットコンロと比べ4倍近い速さで沸かしてくれる。
おかげで、アウトドアでのパスタ作りには重宝しています。
超!お勧めいたします。
ただし、ガスの消費は多いです。

2重の風防になっているので、外で使う時、少々の風を気にしなくてもいいので便利につかえます。

バーナーの周りと、さらにこんろの外側を囲ってくれているダブルの風防が心強いです。

 

 

圧倒的に重くないので移動に持ち運びに便利

CB-AH-41Fは重さが約1.7kgと軽いうえ、専用キャリングケース付きなので移動や持ち運びがラクなのがいいです。

旧型のCB-AH-41も約1.9kgと軽かったのですが、新型CB-AH-41Fになって、さらに軽くなり便利になりました。

バーベキューなどに持ち出しするので、重さが軽くなるのはうれしいです。

専用のキャリングケース付で、持ち運び特に荷造りが便利なのもいいです。

キャリングケースのおかげで野外イベントで使いやすいですね。

 

 

改良されたCB-AH-41とCB-AH-41Fのスペックの違いや生産がどこの国かも紹介

CB-AH-41のスペックや生産がどこの国か

本体サイズ 337(幅)×302(奥行)×93(高さ)mm
重量 約1.9kg
カラー 本体:ヘアラインシルバー
材質 本体:アルミニウム
トッププレート:プレコートフッ素鋼板
ごとく:ホーロー用鋼板(ホーロー加工)
バーナー:真ちゅう(メッキ加工)
器具せんつまみ:ABS樹脂
ケース:高密度PE樹脂
ガス消費量 約286g/h
連続燃焼時間 約55分 
点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス
使用できる鍋の大きさ 目安として9号土鍋まで(小さい鍋は鍋底が16cm以上)
付属品 専用キャリングケース
生産国 日本

 

 

CB-AH-41Fのスペックや生産がどこの国か

本体サイズ 337(幅)×300(奥行)×94(高さ)mm
重量 約1.7kg
カラー ヘアラインシルバー
材質 本体:アルミニウム
トッププレート:プレコートフッ素鋼板
ごとく:耐熱アルミダイカスト
バーナー:真鍮(クロムメッキ+耐熱黒塗装)
器具せんつまみ:ABS樹脂
ケース:高密度PE樹脂
ガス消費量 約286g/h
連続燃焼時間 約55分 
点火方式 圧電点火方式
安全装置 立ち消え安全装置、圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス
使用できる鍋の大きさ 口径24㎝以下、食品を含む総重量5kg以下
※目安として9号土鍋まで(小さい鍋は鍋底が16cm以上)
付属品 専用キャリングケース
生産国 日本

 

価格は、CB-AH-41とCB-AH-41Fどちらもメーカー希望小売価格:オープン価格です。

Amazonでは私の見る限り、旧型のCB-AH-41より、新型のCB-AH-41Fのほうがお求めやすく、安価になっています。

鍋は土鍋9号までと説明書に記載されているので、直径27cmまでが目安。

また、生産がどこの国かは日本です。

寒い場所でも使えて、2重の風防付きのカセットフー BOはこれまでも長く人気のカセットこんろで、屋外で便利に使えると評判でしたが、今回カセットフーBO-プラス CB-AH-41Fが出たことで、より安全に便利に安心して使えようになったのは嬉しいです。

 

 

 

カセットフーBO-プラス CB-AH-41F

カセットフーBO-プラス CB-AH-41F

カセットフーBO-プラス CB-AH-41F

(写真、スペック、カスタマーレビューなど、公式サイト・IwataniのAmazon店より引用)

 

人気商品記事

炙りや ⅱ新型の旧型との違いと圧倒的に炙りやがおすすめな5つの理由・口コミ

 

 

-アウトドア関連用品

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5