専門家

JOC 経理部長 森谷 靖の経歴と学歴|出身大学高校や中学校の偏差値や場所

オリンピック大会

森谷靖さんはどのような経歴、また学歴・学校で学生生活を送っていたのでしょうか?出身学校のエピソードや情報なども併せてまとめました。

 

森谷 靖(もりや やすし)の経歴とJOC

昭和43年11月23日生まれ

埼玉県出身

法制大学卒業後、国土計画株式会社(かつて存在した西武鉄道グループの不動産会社)に入社し、そこからJOCへ派遣されています。

その後、国土計画株式会社を退社し、JOCに直接所属しています。

2000年シドニーオリンピックの日本選手団(団長:八木祐四郎)の本部スタッフの一員になりました。

現在、JOC(日本オリンピック委員会)の本部役員、
経理部長を務めています。( https://www.joc.or.jp/games/east_asia/2005/pdf/headqurters.pdf )

 

森谷靖の学歴~出身大学の詳細

(出身校情報、Wikipediaより)
法政大学 偏差値 55.0~65.0

同大学を卒業した後、就職は国土計画(かつて堤康次郎が設立した元西武グループの会社で堤義明が引継ぎ運営していた不動産会社)に入社し、そこから日本オリンピック委員会(略称JOC)へ派遣されています。

>>日本オリンピック委員会(略称JOC)や組織委員会の使命とは?

法政大学は、1880年4月設立の東京法学社(のち東京法学校)および1886年設立の東京仏学校を前身とする、私立総合大学です。

フランス法系の私立法律学校として創設され、これは法学部へと発展した日本最古の私立法律学校です。

スポーツへの取り組みも活発です。

野球部は、東京六大学野球連盟に加盟している。東京六大学野球リーグ戦では最多タイ46回優勝、全日本大学野球選手権大会では最多8回優勝、明治神宮野球大会では3回優勝しており、リーグ戦では4連覇を3度達成しています。

アメリカンフットボール部は、2019年現在、関東大学リーグ戦で18回優勝、甲子園ボウルへは15回出場して5回優勝しています。

ラグビー部は、第1回全国大学選手権で優勝しています。

2019年現在、全国大学選手権で優勝3回、準優勝5回の実績を持っています。関東ラグビーフットボール協会に所属し、関東大学ラグビーリーグ戦で戦っており、同リーグでは2019年現在、最多13回優勝の実績があります。

ボクシング部は、1924年創立の強豪。全日本ボクシング選手権大会に延べ39人のチャンピオン、国民体育大会に35人のチャンピオンを輩出しています。

2021年7月より開催の東京オリンピック・パラリンピックへの出場選手が決定しています。(一部抜粋)

森脇唯人 選手(ボクシングミドル級・法学部)

柳澤明希 選手(アーティスティックスイミング・スポーツ健康学部 2020年度卒)

江崎 駿 選手(ボッチャ・通教経済学部)

 

森谷靖の学歴~出身高校の詳細

埼玉県立浦和高校 偏差値 74

埼玉県の進学指導重点推進校。2014年、スーパーグローバルハイスクール指定校。学校選択問題採用校。

通称「浦高」(うらこう)と呼ばれています。

とくに優秀な卒業生を輩出する高校として知られており、東京大学合格者数においては、2012年(40名)と2013年(46名)に公立校で全国1位となり、最高記録は1985年(61名)です。

東京大学への平成累計合格者数は1069名で公立校で全国1位となりました。

学業だけでなく、水泳部やカヌー部、ボート部、弓道部、ラグビー部、陸上部、囲碁将棋部などの全国大会出場も多く、部活動も盛んな高校です。

過去には、サッカー部が全国高等学校サッカー選手権大会にて1952年(昭和27年)、1954年(昭和29年)、1955年(昭和30年)と3度の優勝経験があります。

 

森谷靖の学歴~出身中学校の詳細

出身中学校は、分かりませんでした。

関連記事

日本オリンピック委員会(組織委員会、略称JOC)の使命とは?

JOC幹部経理部長が飛び込み?内部告発した現役職員?

-専門家

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5