野球選手

【写真】五輪日本代表 栗原陵矢の学歴|出身高校や中学校の偏差値や場所

野球・野球選手

                                               (上はアイキャッチ画像のイメージ写真です。)

ライト方向へ力強い打球を飛ばす好打者。2020年は、は自身初の規定打席に到達し、17本塁打を記録。勝負強い打撃で日本シリーズMVPに輝くなど、大ブレークの1年となった。今季、侍ジャパンにも選ばれた。その栗原陵矢さんの出身高校や中学の偏差値などの学歴情報をご紹介いたします。

栗原陵矢さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか?学生時代のエピソードや情報なども併せてまとめました。

 

栗原 陵矢(くりはら りょうや)

 

(Wikipediaより)
1996年7月4日生まれ
身長178cm、体重78kg

 

福井県福井市出身のプロ野球選手(捕手)
福岡ソフトバンクホークス所属
右投げ左打ち

 

このあと、栗原陵矢さんの出身高校や中学の偏差値や場所、学校や学生時代のエピソードなどをご紹介いたします。

 

栗原陵矢の学歴~出身高校の詳細

2012年 ‎福井県立春江工業高等学校入学 偏差値 42

2014年 福井県立坂井高等学校に統合されました。

2015年 同校卒業

2016年 3月卒業生を以て福井県立春江工業高等学校は閉校となりました。)

 

1年生では入学した春から正捕手、秋には4番打者になりました。

▼Twitterから引用しました。ありがとうございます。▼

2年生の時、春の選抜高校野球に出場しました。
▼貴重な写真をありがとう!▼

夏の選抜高校野球・福井大会で、福井商業高校に決勝で敗れました。

 

3年生の時、夏の選抜高校野球・福井大会では初戦となった2回戦で啓新高校に延長11回サヨナラ負けを喫しました。

▼貴重な写真をありがとう▼

9月にタイで行われた18U野球ワールドカップの日本代表に選ばれ、主将と正捕手を務めました。

高校時代は、通算26本塁打を記録しています。

▼携帯に入れてたって、栗原君のファンの人かな?、ありがとう!▼

 

高校卒業後は、プロ野球ドラフト会議で2位で指名された福岡ソフトバンクホークスに入団しました。

▼貴重なツイートありがとう▼

【主な卒業生】

栗原陵矢(プロ野球選手)

勝村 和央(YouTuber、Webデザイナー)

 

栗原陵矢の学歴~出身中学校の詳細

2009年 ‎福井県福井市立森田中学校入学 偏差値 40

2012年 同校卒業

 

中学時代は、福井ブレイブボーイズに所属しました。

所属した当初は主に遊撃手としてプレーしていましたが、2年生時に捕手になりました。

3年生時にボーイズリーグの中部ブロックの選抜メンバーに選ばれ、海外遠征をしています。

 

高校進学にあたっては、所属の福井ブレイブボーイズの南博介監督から、甲子園出場が一度もない福井県立春江工業高等学校の練習見学をすすめられました。

南博介監督は、福井県立春江工業高等学校の川村忠義監督と同級生でした。

川村監督が、福井県立春江工業高等学校が無名ながらも甲子園を目指していること。

また、川村監督の指導法が、選手の自主性を重んじるということを知っていたため、栗原に南監督が福井県立春江工業高等学校の練習見学をすすめたのでした。

栗原は福井ブレイブボーイズの南博介監督の勧める福井県立春江工業高等学校に進学を決めました。

 

栗原陵矢の学歴~出身小学校の詳細

2003年 ‎福井県福井市立森田小学校入学

2009年 同校卒業

小学校時代は、森田ファイターズに所属し、野球を始めました。

-野球選手

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5