女優

浅野ゆう子の学歴|出身高校や中学校の偏差値や場所|子供の時から足が長い?

俳優

浅野ゆう子(あさの ゆうこ)

 

プロフィール
1960年7月9日生まれ
身長167 cm
血液型AB型

 

兵庫県神戸市出身の女優
幼いころから芸能志望
本名は赤沢裕子(あかざわ ゆうこ)(旧姓)

 

これより、もう還暦を迎えた?浅野ゆう子さんの出身高校や
中学の偏差値、学生時代のエピソードなどをご紹介いたします。

浅野ゆう子の学歴~出身高校の詳細

1977年 堀越学園堀越高等学校芸能コース入学 偏差値40(容易)

堀越高校では同級生に、歌手の石野真子さん、俳優の真田広之も

一緒でした。

この頃は、仕事一本だったようで、学生らしいエピソードらしいものは

伝わってきません。

1年生の時に「セクシーバスストップ」がオリコン12位となる

スマッシュヒットがあり、知名度が上昇しています。

 

Twitterに、高校時代の自室の画像が上がっていますので、

貼り付けておきます。仕事関係のものが無い様子ですね。

 

 

浅野ゆう子の学歴~出身中学校の詳細

1973年 神戸市立本山中学校入学

校区では神戸市立本庄中学校となる所、

「本庄はガラが悪い」と言って本山中学校へ入学しています。

本山中学校は当時、神戸の公立校では一二を争う進学校と

して知られており、ここから灘高校や甲陽学院高等学校などへ

進学する卒業生も多かったようです。

 

さて、浅野さんは本山中学校では、陸上部に在籍しました。

そして、いよいよ2年の時に芸能界デビューの為、単身上京。

東京都世田谷区立梅丘中学校へ転校しました。

ここは、公立の中学校にもかかわらず、

芸能人が多いことで知られています。

2年の時、オーディション登竜門『歌う新人王決定戦』の4代目チャンピオンとなり、

芸能界を「 とび出せ初恋」で歌手デビューしてすぐ、

『恋はダン・ダン』でいきなり第16回日本レコード大賞新人賞を

受賞しています。

さらに同じ年、「太陽にほえろ!」で女優としても

デビューしました。同番組では石原裕次郎率いる

七曲署捜査第一係の事務員(お茶くみ)としての役柄を

得たのですが、3ケ月で降板させられています。

何か失敗したとかではなく、

「警察で中学生が働くのはおかしい」とクレームが

視聴者から入ったそうです。

いくら大人びた容姿であっても、実際の年齢が

当時14歳ではいかにもマズかったようです。

1年のお約束が約3ケ月で終わってしまったとのことです。

浅野ゆう子の学歴~出身小学校の詳細

1967年 神戸市立本山第三小学校入学

この小学校のすぐ北側に、「省線(しょうせん)」と呼ばれた国営の電車が走っていました。

その昔、蒸気機関車が走っていた頃の通称です。

今で言う「JR神戸線」です。「JR」と呼ばれる前は「国鉄」、その前は「省線」でした。

この辺りは古くから住む人が多く、昔からの名残で、浅野さんが小学校に通うころには既に国鉄となって

いたはずですが、まだ「省線」と呼ぶ人も多かったように思います。

浅野さんにも名残のある電車であったはずです。

 

さて浅野さんは、小学校の頃からスタイルがよく、大人びていて、

4年生の時にスケート場でナンパされた経験があります。

家では子供の時から、足がきれいに伸びるようにと

正座することをお母さんから禁止されていました。

そして、6年生の時、母や友人と行った三宮のサテライトスタジオで

ラジオの収録を見た帰りに、研音の関係者から

「歌は好きですか? 歌手になってみませんか」と

スカウトされました。これがデビューのきっかけと

なりました。

母親も娘を芸能人にしたいと考えていたため

娘から歌手になりたいと説得され、歌のレッスンを

1年間受けています。

-女優

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5