五輪選手

【画像】多田修平の圧倒的スタート|大学や高校時代で才能開花!鬼ごっこが好きな少年

五輪選手

多田修平は「世界の脅威」ガトリン驚かせた走りで、9秒台4人が集結した空前の激戦に快勝。男子100メートル決勝で、多田修平(25)=住友電工=が10秒15(追い風0・2メートル)で初優勝し、自身初の東京五輪代表に内定した。というビッグニュース。

圧倒的スタートの多田修平選手

鬼ごっこが大好きだった少年が東京五輪を走ります。日本代表選手に選出されました!

おなじく東大阪市石切に住む私としては、とても嬉しいニュースです。

この記事では、五輪出場を射止めた多田修平選手の主に高校時代から大学で才能を開花、彼の経歴・ステップをまとめます。

多田 修平(ただ しゅうへい)

1996年06月24日生まれ


大阪府出身
住友電工所属
圧倒的スタートが武器

 

自己ベスト
100m:10.01(2021.6 布勢スプリント)
200m:21.21(2017.3 第7回奈良市記録会)

 

主な代表歴
世界選手権(19ドーハ、17ロンドン)
アジア大会(18ジャカルタ)

圧倒的スタートの多田さんはどのような学生生活を送っていたのでしょうか?学生時代のエピソードや情報なども併せてまとめました。

 

多田修平の学歴~出身大学の詳細

2015年 関西学院大学法学部入学 偏差値 57.5

2019年 同校卒業

大学で才能が開花しました。

大阪陸上競技協会主催「OSAKA夢プログラム」へ参加。約1カ月間、アメリカやオーストラリアなど海外での強化合宿を経験しました。

関西学院大学 多田修平 メダル報告会-2017年世界陸上競技選手権大会&ユニバーシアード競技大会 YouTube動画

2017年、世界選手権に出場。100m走予選、ウサイン・ボルトと並走し、準決勝

3年生の陸上部での活動、成績をまとめると、

3年生の2017年5月、陸上のゴールデングランプリ川崎の100mで、10秒35で3着に入賞。

2017年6月、日本学生陸上競技個人選手権大会(神奈川・平塚)では100m準決勝で追い風参考記録ながら9秒94。

2017年8月、ロンドンで開かれた世界陸上競技選手権大会では4×100mリレーで日本代表チームの第1走を務め、チームは38秒04で銅メダル。

卒業後、住友電工に入社し、陸上競技部で練習に励んでいます。

2019年の世界陸上競技選手権大会では4×100メートルリレーの1走を務め、同種目の銅メダル獲得に貢献しています。

 

多田修平の学歴~出身高校の詳細

2012年 大阪桐蔭高等学校入学 偏差値 52

2015年 同校卒業

高校時代の3年生の時に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)全国出場しましたが、100m走決勝の結果は10秒78で6位でした。

「陸上に対して本気になったのはこのころです」という。

 

多田修平の学歴~出身中学校の詳細

2009年 東大阪市立石切中学校入学

2012年 同校卒業

石切中学校に進学、陸上部に入部しました。

中学より陸上競技・短距離一筋に取り組みました。

中学時代は全国大会には出場できず、3年生の時に100m走で大阪府5位の記録でした。

 

多田修平の学歴~出身小学校の詳細

2003年 小学校入学

2009年 同校卒業

出身小学校は不明です。

小学校の頃から走ることが大好きでした。

好きな遊びは鬼ごっこといいます。

しかしずば抜けて足が速かったわかではなく、小学校の当時は校内で2,3番目くらいでした。

 

-五輪選手

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5