女優

顔変わった?ガッキー 新垣結衣の顔が変化!二コラ時代からの結婚発表まで

俳優

「顔が違う、、、。」
「誰? 本当に同一人物?」
「目のサイズから何から…別人だけど面影ある。」
「年齢を重ねて、どのような進化をたどれば、今のガッキーの顔に繋がるのだろうか。」

先日、星野源さん(40)と結婚を発表したガッキー 新垣結衣さん(32)、
デビューから20年を数え、その間、恋愛スキャンダルもなく、多くの方から祝福の声が聞かれます。

そんなガッキー 新垣結衣さんですが、デビューから遡ると随分と顔が変化してない?
そんな声が多く聞こえてくるようです。

 

 

今回はそんなガッキー のデビューからの変遷について、顔の変化も含めて、まとめてみました。

 

ガッキー 新垣結衣のニコラ時代から

ファッション雑誌「ニコラ」デビュー当時の新垣結衣さん

※新垣がかつて専属モデルを務めたファッション誌「nicola(ニコラ)」

沖縄県大里中学在学中の2001年に女子小中学生向けファッション雑誌
「ニコラ」(新潮社)のモデルオーディション「第4回ニコラモデルオーディション」で
グランプリを獲得し、ガッキー は芸能界デビューを果たしました。

2003年度~2004年度の1年半にわたって、ニコラクラブ部長を務めるなど、
2005年春ニコモを卒業するまでに『ニコラ』の表紙モデルとして
当時最多となる15回も表紙に登場、二コラでは大活躍しました。

今でも親しまれる“ガッキー”の愛称でティーンを中心に絶大な人気を得て、
「ニコラ」時代を共にした虎南有香・我妻三輪子・にわみきほ・岡本玲、
「nicola(ニコラ)」時代の仲間たちからも祝福の声が相次いでいます。

ガッキー 新垣結衣は、デビューした当時は、平日は地元沖縄の中学に通い、
仕事がある週末には1人で東京に来ていました。

学校が終わった後に、飛行機に飛び乗り、東京に来て、
そのままホテルに泊まり、
翌日から撮影をこなして、日曜に沖縄に帰る
という忙しいスケジュールをずっとこなしていました。

当時を振り返り、「ニコモやってて辛いと思ったことはなんですか?」
という読者からの質問には、
「移動」と答えていたそうで、仕事を大いに楽しんでいました、

とても充実した日々を過ごしていたことがわかります。

 

 

二コラ時代を終えて、以降のガッキー 新垣結衣

その後、東京の高校に進学したガッキーは、
2005年5月号をもって「ニコラ」を卒業し、女優業に本格的に進出しました。

2006年にはブレイクのきっかけとなる「ポッキー」のCMに出演を果たし、
ガッキーは女優として不動の地位を築く一歩を踏み出し、
その後は数多くのドラマなどに出演しました。

※2009年休館した雑誌「Kindai」

2016年のTBSテレビ「逃げるは恥だが役に立つ」で共演、
「逃げ恥」は、漫画家海野つなみさん原作の同名漫画のドラマ化作品でした。

大学院を卒業したものの就職の機会を逸し、彼氏もいない森山みくりが、
35年間恋愛経験のない“プロの独身”津崎平匡の家で家事代行業をする中で契約結婚する。
そんな2人の間に恋愛感情は生まれるのかを描いた、社会派ラブコメディー。

みくりと平匡は結婚し、1月に放送されたスペシャルでは、娘を生んだ2人を描いた作品でした。
(TBS:ttps://www.tbs.co.jp/より引用)

この共演で2人は出会い、交際、先日の結婚発表に至ったといいます。

 

まとめ

今回は、顔変わった?ガッキー 新垣結衣の顔が変化!二コラ時代からの変遷、
と題して、ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

画像については、Twitterからツイートの声コメントと共に引用しましたが、
たしかに顔が変化しているのが分かります。

それは人生経験や、化粧の変化などによるものかは、定かではありません。
ただ言えることは、今、星野源さんと新垣結衣さんのお2人は幸せの門出にいるということです。

お2人の今後の活躍、また幸せの発展をお祈り申し上げます。

 

関連情報

胸をキュンとさせる!星野源が新垣結衣とcowcowポーズ!

 

-女優

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5