グルメ

コストコのサーモンにはアニサキスがいるのでしょうか?解凍後、生で食べる場合の注意点!

生サーモン

最近、日本ではサーモンを生で食べられる機会が増えました。

そのため、サーモンにはアニサキスがいるのではと心配される人も増えています。

さらに、

コストコのサーモンにはアニサキスがいるのでしょうか?と、コストコのサーモンは養殖だと分かっていても、躊躇される人もおられるようです。

ここでは、コストコのサーモンにはアニサキスがいるのか?、生のサーモンの食べ方の注意点は?を調査して、ご紹介します。

 

 

 

コストコのサーモンにはアニサキスがいるのでしょうか?

コストコのサーモンにはアニサキスがいる可能性はありません。が結論です。

その理由は、

天然のサーモンは、オキアミを食べています。

オキアミとは、釣り餌の定番で、軟甲綱 真軟甲亜綱 ホンエビ上目 オキアミ目に属する甲殻類のことで、

そのオキアミはアニサキスの寄生虫を宿している可能性があります。

なので、天然のサーモンからアニサキスの死骸が出てくることがあります。

 

それに対して、

コストコのサーモンは養殖であるため、ドライペレットと呼ばれる人工的に作られた水産用飼料が与えられて育っているので、アニサキスはいないと言えます。

管理された養殖場で育てられるコストコのサーモンは、食べ物まで管理されているのです。

 

 

 

コストコのサーモンを解凍後、生で食べる場合の注意点

サーモンを解凍後、生で食べる場合の注意点は、冷凍のサーモンをスーパーなどで買ってきて、食べる場合と同じです。

天然のサーモンは一度は冷凍されていることで、たとえアニサキスがいても生きていることはないので、死骸を見ることはあるかもしれません。

冷凍されたサーモンを解凍後、生で食べても安全だというのは、こういう理由です。

 

また、現在、日本で刺身用で供されるサーモンはすべて養殖と言われているので、

刺身用サーモンにはアニサキスはいないと言えます。

コストコのサーモンを解凍後、生で食べる場合と同じです。

 

スーパーなどで、解凍された生の養殖サーモンを買ったと分かっていても、

心配な方は、一度家庭で冷凍してみるのもよいかもしれません。

鮮度や味は落ちますが、安心ですね。

 

対して、天然のサーモンにはアニサキスがいると思ったほうがよいでしょう。

空輸で日本に入ってきた天然のサーモンを生で食べることは避けましょう。

 

 

 

まとめ

今回の記事では、コストコのサーモンにはアニサキスがいるのでしょうか?解凍後、生で食べる場合の注意点!をご紹介しました。

繰り返しになりますが、

コストコのサーモンは、養殖なので餌にドライペレットを与えられており、

天然のサーモンのように、寄生虫アニサキスを宿したオキアミを食べていないので、アニサキスはいません。

 

一般的にサーモンを生で食べる場合は、まずそのサーモンが養殖か天然かを確認することです。

そして、天然のサーモンを生で食べることは避けましょう。

私の記事が、あなたのお買い物の参考になれば幸いです。

 

-グルメ

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5