アウトドア関連用品

イワタニ 新作グリルスターとグリルステーションの違いは何か?圧倒的にグリルスターCB-SBG-2がおすすめな5つの理由や生産がどこの国かも紹介

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

イワタニから、グリルステーションに続いて、グリルスターCB-SBG-2が発売され、SNSでも話題になっていますね。

グリルスターとグリルステーション、どちらも魅力的なBBQグリルなんですが、その違いは明らか。グリルステーションは製品重量が約21kgで梱包箱重量に至っては約28kgなのに対して、グリルスターの製品重量が約11.3kgになってとても軽いので、移動にも持ち運びにも便利なのが注目されています。又、グリルスターはスタントから外して、テーブルでも使えてるのが好評です。

グリルステーションは梱包されていると30kgちかい重さなので、持ち運びに苦労するのが目に見えているので、製品重量が約11.3kgと軽量な新作グリルスターの人気が急上昇しているという訳なんです。

 

グリルスターCB-SBG-2

グリルスターCB-SBG-2

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

 

その他にも、新作グリルスターには使い勝手の良さがいろいろあるので、詳しく紹介していきます。

 

 

 

私がグリルスターCB-SBG-2にした理由

 

グリルスターCB-SBG-2はは圧倒的に重くない

グリルスターCB-SBG-2の製品重量が約11.3kgと軽いこと。軽量なグリルスタンドな上、グリルスターはスタンドの脚にキャリーが付いていて、移動や持ち運びがスムーズにできます。

旧型のグリルステーションは製品重量が約21kgで梱包箱重量に至っては約28kgだったので、グリルステーションを使っている人は使い勝手が良くても移動がたいへんだと思います。

グリルスターは、キャリーを転がして手軽に持ち運べるのが便利です。

 

 

 

グリルスターCB-SBG-2は2バーナー×2グリルでグリルプレート付き

厚みのある肉や魚介類、串焼きなど、バーベキューが楽しめるグリルプレート付き。附属のグリルプレートは保熱性が高く、肉や野菜、魚介類も美味しく焼けます。

火力がしっかり食材に伝わるのでステーキなどもあっという間に焼ける印象です。

バーナーの汁受けが深いので風に強いのも特長で、キャンプで風が吹いていましたが、安定して使えました。

使ってみてやはり火力が安定して焼き具合も非常に良かったと思います。

グリルプレートは手軽さと後片付けのしやすさも抜群で、もう炭火にはもどれません。

 

 

グリルスターCB-SBG-2はグリルプレートを取り外せて、五徳でも使える

グリルスターのグリルプレートを外して五徳としても使えるので、BBQとしてだけでなく、ケトルや鍋、フライパンでも調理できるので使い勝手がよいことも、グリルスターにした理由です。

プレートを外せばごとくが据え付けられているというのは、グリルスターの魅力の一つでもあります。バーベキュー以外の調理もできるのは、アウトドアでの料理のレパートリーが広がり、楽しいです。

燻製にも挑戦2口コンロの特徴をすべて引き出すことができました。

グリルと五徳の組み合わせでも料理ができるので、とても便利ですよ。

 

 

 

グリルスターCB-SBG-2はこんろ本体をスタンドから外して使える

グリルスターはスタンドと本体は取り外しできるので、こんろ本体を別のテーブルでも使えて、2つの使い方ができるのでとても便利です。

スタンドから外したこんろ本体の底面がフラット。だからテーブルに置いても安定するので調理がし易い。アウトドアだけでなく室内なんかでも大型こんろとして使える便利さが嬉しいです。

 

 

グリルスターCB-SBG-2は組み立ても簡単なのが嬉しい

グリルスターは持ち運びがラクラクなのに加えて、組み立てや折り畳みが簡単です。留めを解除して、本体を引き上げるだけでスタンドが立ち上がります。

スタンドを完全に立ち上げて固定されたら、こんろ本体のカバーを開ければ組み立てが完了します。

グリルスターの、組み立てに手間がかからない構造が便利です。折り畳みはその逆の操作で、簡単に仕舞うことができるのも嬉しいです。

 

 

 

グリルスターCB-SBG-2のスペックや生産がどこの国か

公式サイトからスペックを引用するだけでなく、グリルスターのYouTube動画でも合わせて紹介します。

スペック表だけでは伝わりにくい、製品の特長が見てよくわかりますね。

 

本体サイズ 使用時:816(幅)×519(奥行)×1072(高さ)mm
収納時:519(幅)×240(奥行)×1180(高さ)mm
重量 本体:約10.5kg(スタンド装着時)
グリルプレート(2枚):約0.8kg、L字収納スタンド:約0.35kg
カラー サンセットオレンジ
材質 本体:鋼板(静電塗装)
水皿:ホーロー用鋼板
ごとく:ホーロー用鋼板
バーナー:鋼板(ステンレス)
器具せんつまみ:ABS樹脂
グリルプレー ト:アルミダイキャスト(フッ素塗装)
ガス消費量 236g/h×2
連続燃焼時間 約70分(片側バーナー)
点火方式 圧電点火方式
安全装置 圧力感知安全装置、他
容器着脱方式 マグネット方式
使用ガス イワタニカセットガス、イワタニカセットガスパワーゴールド
使用できる鍋の大きさ 鍋底の直径が24cm以下で、鍋の側面・上面が本体上蓋にかからない大きさのもの
付属品 グリルプレート2枚、L字収納スタンド
生産国 日本

 

グリルプレートを外せば、五徳が据え付けられているので、ケトルやお鍋などを使って調理できますが、スペック表にあるとおり鍋底の直径が24cm以下で、鍋の側面・上面が本体上蓋にかからない大きさのものには注意が必要です。

家庭で使用しているたいていのお鍋やフライパンが使えるので、ふつうの料理をする分には支障は無いです。

むしろ、グリルプレートでも五徳でも調理できるという利点があるのが、グリルスターの特長です。しかもグリルスターの本体がいままでのイワタニのグリルステーションに比べて半分近い軽量化による恩恵、便利さが好評です。私が選んだ大きな理由にもなっています。

また、生産がどこの国かは日本です。日本製です。

 

 

グリルステーション

グリルステーション

イワタニ グリルステーション(イワタニの旧型グリルスタンド)

 

 

グリルスターCB-SBG-2

グリルスターCB-SBG-2

イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

(写真、スペック、カスタマーレビューなど、公式サイト・Iwatani(イワタニ)のAmazon店より引用)

 

人気商品記事

炙りや ⅱ新型の旧型との違いと圧倒的に炙りやがおすすめな5つの理由・口コミ

 

-アウトドア関連用品

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5