車&バイク

ケンウッド ドラレコ 彩速ナビ MDV-S809Lの発売日や旧型MDV-S708Lとの違いやレビュー・口コミを徹底検証♪MDV-S809Lの性能やメリットデメリット評価、評判もチェック♪

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809L

ケンウッド ドラレコ 彩速ナビ MDV-S809Lはエントリーモデルで、9V型では大きいと感じる小型車やコンパクトカーユーザーに最適なモデルです。

「彩速ナビ タイプS」シリーズの2022年モデル、新たに大画面8V型フローティングモデルとして投入される、この商品の発売日は2022年3月17日です。

MDV-S809Lは、旧型MDV-S708Lとの違いではデジタルルームミラー型ドライブレコーダーの新モデル「DRV-EMN5700」と連携し、ナビ本体のGPSや各種センサーから高精度な自車位置情報を取得することで、ナビの地図画面上に録画映像をPIPで表示できます。

また、録画映像を2倍、4倍に拡大して表示することも可能で見やすく、各種機能はナビ画面のタッチ操作もできます。

今回は、ドライブレコーダーの中でも夜間などの暗いシーンも鮮明に映像を録画できる『ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809L』をレビューします♪

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lのレビュー・口コミ・メリットデメリットを徹底検証し、性能から特徴まで丸裸にしちゃいました♪

 

 

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lのレビュー・口コミ・メリットデメリットを徹底検証♪

それでは、ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lのレビュー・口コミを確認していきましょう♪

…と言いたいところですが、ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの発売日は2022年3月17日なので、レビューは見つかりませんでした。

今後レビューが増えてくると思いますので、また更新させて頂きますね^^

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの残念なレビュー・口コミ・デメリット

 

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの良いレビュー・口コミ・メリット

 

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809LのTwitterツイート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの性能・スペックと特徴

ここからは『ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809L』の性能と特徴を見ていきたいと思います♪

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの性能・スペック

製品型番 MDV-S809L
発売年 2022
画面サイズ 8V型ワイドVGAパネル
表示方式 透過型TN液晶
駆動方式 TFTアクティブマトリクス
画素数 1,152,000個 水平800 × 垂直480 × 3(RGB)
表示方式色数 26.2万色
LCDバックライト使用光源 LED光源
タッチパネル方式 静電容量式タッチパネル
最大出力 50W × 4
定格出力 29W × 4 (4Ω,1kHz,10%THD)
入力端子 TYPE-D × 1系統
外形寸法(W × H × D) 10.8mm × 7.5mm × 26.5mm
解像度

1280 × 720P_59.94Hz/60Hz

720 × 480P_59.94Hz/60Hz

640 × 480P_59.94Hz/60Hz

Bluetooth Ver. 4.1準拠
地上デジタルテレビチューナー 地上デジタルテレビ放送方式(日本)(ワンセグ対応)
FM 76.0MHz~99.0MHz
AM 522kHz~1,629kHz
USB USB2.0 High Speed
SDカード SD/SDHC/SDXC
ディスク

DVD-Video、DVD±R/±RW/±RDL、

CD-DA、CD-R/RW、SACD

(CD LAYER ONLY)(8cmCD 非対応)

電源 14.4V(10.5V~16V)
外形寸法 197mm × 125mm × 182mm
付属品 HDMI接続するには別売のKNA-20HCが必要です。, USB接続ケーブルは別売となり、KNA-22USBが必要となります。, GPSアンテナ、Bluetooth®用マイク、地デジアンテナエレメント、地デジアンテナケーブル、電源ケーブル、ネジ類セット、取扱/取付説明書

 

 

ケンウッド 彩速ナビ MDV-S809Lの特徴

・デジタルルームミラー型ドライブレコーダーの新モデル「DRV-EMN5700」との連携

・録画映像を2倍、4倍に拡大して表示可能

・各種機能はナビ画面のタッチ操作簡単

・「オーガニックGUI」を搭載し、すべての操作を直感的&スムーズ

・地図の俯角をリニアに調整できる「3Dスライダー」も新たに搭載

・地図色は見やすさにこだわった「スマートカラー」を搭載

・道路など情報の優先順位を明確に認識できる

・文字色と背景色の重複を避けて配色したことでコントラスト最適化

・3種類の中から好みの地図色を選ぶことができる

・さらにHDMI入力にも対応、ナビの大画面で視聴できる

 

 

ケンウッド ドラレコ 彩速ナビ MDV-S809Lの発売日や旧型MDV-S708Lとの違いやレビュー・口コミを徹底検証♪MDV-S809Lの性能やメリットデメリット評価、評判もチェック♪|まとめ

ケンウッド ドラレコ 彩速ナビ MDV-S809Lは、デジタルルームミラー型ドライブレコーダー「DRV-EMN5700」と連携でき、またHDMI入力端子の装備により、スマートフォンなどの接続もできます。

さらに上位モデルの標準装備であるインターフェース「オーガニックGUI」を搭載し、リアルタイムな走行情報を自動表示することも可能です。

これまで上位モデルで好評な地図の見やすさにこだわった地図色「スマートカラー」を搭載しています。

ケンウッド ドラレコ 彩速ナビ MDV-S809Lは使い方によってはコスパに優れた一台ですよ♪

 

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・ケンウッド(KENWOOD)のAmazon店より引用)

-車&バイク

© 2022 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5