キッチン家電

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いは?圧倒的にnc-a57がおすすめな理由と口コミも紹介!

コーヒー・コーヒーメーカー

パナソニック 全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能付きでは最上位モデルのNC-A57-Kが、SNSでも話題となっていますよね!

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いが気になっている方も多いのではないでしょうか?

この違いについて、簡単にお伝えしますね。

豆の挽き方を粗挽き中細挽きの2種類から選べるのは魅力ですね。この機能は、従来品のnc-a55がnc-a56になったときに搭載された機能です。

そして、カフェインレスコーヒー豆(デカフェ豆)専用のコースでコクのあるコーヒーが作れちゃうデカフェ豆コースを搭載したのが、従来品のnc-a56がnc-a57になったときに搭載された機能です。

リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」の機能は、nc-a55からnc-a56とnc-a57に引き継がれています。

 

言い換えると、ミル付き 沸騰浄水機能付き パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いは、

リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」の機能が付いていたnc-a55がnc-a56になって、「淹れ分け」と「挽き分け」の組み合わせで、4種類のコーヒーを全自動でつくれるようになり、

さらにnc-a56がnc-a57になって、カフェインレスコーヒー豆(デカフェ豆)専用のコースでコクのあるコーヒーが作れちゃうデカフェ豆コースを搭載したんです。

とも言いかえることができます。

 

 

全自動コーヒーメーカーでコーヒーを作って飲んで仕事をしたいなってときって、内蔵されている機能次第で美味しさが違ってくるので気になって、仕事もはかどらないですよね。

私も不便さを感じ、色々な全自動コーヒーメーカーを使ってみたんですが、最終的にパナソニックのNC-A57-Kに落ち着きました。

 

NC-A57-K

NC-A57-K

パナソニック 全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K

 

 

でも、パナソニックのNC-A57-Kってちょっと高いから躊躇しているって人も多いかもしれませんね。

実際にパナソニックNC-A57-Kと同シリーズの従来品nc-a55nc-a56や他のコーヒーメーカーを使ってみて、かなり違いがわかったので、さらに詳しく、詳細をスペックや口コミ評価とともに、お伝えしていきます。

 

 

 

 

わたしが全自動コーヒーメーカーをパナソニックのNC-A57-Kにした4つの理由

デカフェ豆コース搭載

パナソニックのNC-A57-Kにはデカフェ豆コースを搭載しているので、カフェインレスコーヒー豆(デカフェ豆)専用のコースでコクのあるコーヒーが作れちゃうんですよ。

デカフェ豆コースを搭載しているのはめずらしいです。

カフェインレスのコーヒー豆を買ってきても、物足りなさを感じるコーヒーになりがちなのが、このパナソニックのNC-A57-Kだと、美味しさが違うんです。

コチラで淹れたコーヒーを初めて口にした時は、家族全員がウワァー美味しーいと唸りました。いつもと同じ豆を使っているのに。香りもコクもうまく引き出されています。老舗喫茶店と同等の味だわと感激しました。お手入れも私的には楽々です。コーヒーメーカーってこんなに進化していたのですね。

デカフェが決め手(夜にコーヒーを飲みたかったので…)でしたが、おいしく飲めました。

以前からパナソニックのこの機種を使用しています。台台目は9年間使用しました、長持ちです。毎日1~2回、年間では500回くらいコーヒーを入れていますが、豆と水を入れるだけで美味しく頂けるので重宝しています。今回購入したのは台台目です。

使い勝手がわかっているので豆からひいて、これ1台でできるのが重宝。
毎回ドリップ用紙をセットするのはやや面倒くさい。たまに忘れると大変なことになる。
ステンレス製のドリップ内臓だとありがたい。

デカフェはおいしくないという認識でしたが、ゆっくり抽出することでおいしいデカフェになります。
基本ゆっくり抽出するからおいしいA56/57ですが、ミル全自動洗浄は象印にもなくパナソニックだけなので、コーヒーメーカーで価格も2万予算ならこれ一択でしょう。

 

 

豆の挽き方を二種類から選べること

豆の挽き方を粗挽き中細挽きの2種類から選べるのは魅力ですね。

この機能は、従来品のnc-a55がnc-a56になったときに搭載された機能で、nc-a56からnc-a57になっても引き継がれています。

「粗挽き」「中細挽き」フィルターで、豆を挽き分けてくれるんです。

手挽きが面倒でしたので本製品を購入したのですが正解でした。
最初から本製品を購入しててもよかったと思いました。

豆引きがきめ細やかに出来ており他社の時より同じ豆でもコクが出て美味しい!これもびっくり。

ミルが自動洗浄!これもまたびっくり!毎回洗わなくてもいいなんて夢のよう。。。最高!

「粗挽き」「中細挽き」フィルターで、豆を挽き分けてくれる、ミルは自動で水を流して洗ってくれる、コーヒーの通り道はかんたんに外して水洗いできる、といたれりつくせり。

 

 

好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめること

粗挽きと中細挽きの2種類のフィルターで豆を「挽き分け」でき、リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」と「挽き分け」の組み合わせで、好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめます。

リッチ・マイルドのコースは、nc-a55からnc-a56とnc-a57に引き継がれた機能です。

ひいた豆をバスケットに移し替える手間もなく、「淹れ分け」と「挽き分け」の組み合わせで、4種類のコーヒーを全自動でつくれて、美味しいコーヒーが味わえるんです。

最初から便利さ、味、後片付けの手軽さ、豆選びの楽しさに満足しています。
数種類の豆を買ってきて自分でブレンドしたりして楽しんでいます。

手差しの方が美味しいと、長年自負していましたが、評判がとても良いので思い切って購入しました。あまりの美味しさにビックリ‼️酸味の強い珈琲豆は避けていましたが、出来上がった珈琲は、酸味のバランスが良く珈琲豆の美味しさに感心しました。

 

 

沸騰浄水機能やシャワーオートクリーニング付き

さらに、沸騰浄水機能付きなので、全自動で沸騰させたお湯を活性炭フィルターを通すことで、カルキを90%以上カットするので、カルキ臭のない、美味しいコーヒーが全自動でつくれるんです。

しかも、シャワーオートクリーニング付きなので、豆を挽き終えたらミル部で自動的にお掃除してくれるのでふだんのお手入れも簡単にできるんです。

相変わらずお掃除も楽でキッチンを汚しません。電器店の担当者もこの商品はコーヒーメーカーの中でも唯一長年売れ続け型も変えず長ロングセラーという事です。納得です。

ミルを給水で洗い流す構造は画期的だと思います。

清潔に使えて美味しい!楽です!

洗いやすさ...これは文句なし。星5

正直,非の打ち所がないといった方が早いのかもしれません.

コーヒーが溢れたから豆からの人はお勧めしないとか書いてる人がいますが使い方を間違えているだけです。
おそらく説明書もろくに見ずに淹れたのだと思われます。
説明書には「使用前に水気を拭いて下さい」と書かれており、私も前淹れたまま水気を拭かずに淹れたらそもそも豆が挽けずに壊れたかと思いました。
清掃して何事もありませんでしたが、簡単な操作のものでもやはり説明書は見るべきだと痛感しました。
また、味が薄いとのレビューですが、これは好みの範囲です。
何度か淹れて水と豆の量を調整すれば良いだけの話です。
調整可能なのにわざわざ薄いまま飲んで文句言うしか出来ないならそもそも全自動など買うべきではありません。

 

パナソニックのコーヒーメーカー nc-a57ならではの、便利な機能の数々で美味しいコーヒーが全自動で、2種類のフィルターで豆を「挽き分け」でき、リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」と「挽き分け」の組み合わせで、好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめます。と公式サイトにも書かれています。

 

 

 

 

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いを比較スペック表

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いは?ということですが、nc-a55やnc-a56についてはご存知の人はまだ少ないようですが、すでに生産を終了しています。

今も出回っているものは、在庫の残りです。

今後、具合が悪くなった時の部品調達とかがありますので、使っておられる方にはまだまだ気に入っておられる方も多いのですが、新規で購入するのはひかえたほうがよいです。

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いは?という疑問に対して、nc-a55やnc-a56とnc-a57について知っている人には、nc-a55やnc-a56の優れた点を継承し更に改善を加えた、nc-a57一択です!!

 

nc-a55のスペック(生産終了

品番 NC-A55
容量 5カップ(670ml)
消費電力(約) 790W
寸法(約):幅×奥行×高さ 22.0cm×24.5cm×34.5cm
質量(約) 2.9kg
色柄名称 -K ブラック (生産終了)

nc-a56のスペック(生産終了

品番 NC-A56
容量 5カップ(670ml)
消費電力(約) 790W
寸法(約):幅×奥行×高さ 22.0cm×24.5cm×34.5cm
質量(約) 2.9kg
色柄名称 -K ブラック (生産終了)

nc-a57のスペック

品番 NC-A57
容量 5カップ(670ml)
消費電力(約) 800W
寸法(約):幅×奥行×高さ 22.0cm×24.5cm×34.5cm
質量(約) 3.0kg
ミル搭載
マイコン搭載
メーカー希望小売価格 オープン価格(価格は販売店にお問い合わせください。)
色柄名称 -K ブラック 

 

 

 

パナソニック コーヒーメーカー nc-a57の口コミ評価

ミル付きで探して、以前は値段が安い理由からシロカのミル付きコーヒーメーカーSTCー401を購入し、使っていましたが、すぐに網が破れ、ミル音は騒音レベル一年後にはミルも回らなくなった。シロカに修理依頼すると送料客負担、6000~9000円という。新品買えるじゃないの?と考え、新品検討。
そして色々クチコミを調べて結果、このナショナルさんにたどり着いたわけです。

1:ミル音はそこそこしますが他社に比べて凄く静か!
これには感動した!

2:豆引きがきめ細やかに出来ており他社の時より同じ豆でもコクが出て美味しい!これもびっくり。

3:ミルが自動洗浄!これもまたびっくり!毎回洗わなくてもいいなんて夢のよう。。。最高!

4:5杯分抽出可能でたっぷり飲める!
5:ペーパーフィルターを使うので豆の油が好きな私はちょっと心配であったが、豆引きが丁寧なのでフィルターで多少油取られたとしても全く問題無く美味しい上に、捨てる時とても楽!
もうシンクが汚れないし洗い物少ないしストレスフリーーーー!!!

6:見た目に重厚感がありカッコいい!
お客さんに自慢できる一品です。

これはもう毎日コーヒー楽しみで、早起きしてしまうレベルです。
ミル付きコーヒーメーカー探している方!こちらのナショナルさんを激しくおススメ致します。
お値段しますがそれだけの価値があります。日頃頑張っている自分にご褒美になりました^_^
今日はそんな私の誕生日でもあり、記念に嬉しいレビューが出来、このコーヒーメーカーに感謝です^_^
追記
来客のたびに豆を引き立てでコーヒーを振舞っています。中には同じ機種を購入検討する人までいます。
なんだか来客が増えつつあり、またあのコーヒー飲みたいとリピーターが!
嬉しい悲鳴です^_^

豆を挽く音がうるさいとの声が目立ちますが、これが、むしろ正常だと考えます。コンビニやファストフード店のコーヒーメーカーは、実は異常なほど耳障りなのが、周りの環境音により低減しているだけです。

 

 

 

全自動タイプを買うにあたり、
・手入れのしやすさ
に重点を置いて購入しました。
ペーパーフィルターは市販のものでOK、ミルは自動で水を流して洗ってくれる、コーヒーの通り道はかんたんに外して水洗いできる、といたれりつくせり。
唯一の難点は、ドリップ時に最後の一滴(雑味が残る部分)まで注がれてしまうところでしょうか。
ブラックで飲む私は少々気になりますが、カフェオレで飲む家族には好評です。
それを差し引いても星は5です。ありがとう全自動。

 

 

これまで休日に美味しいコーヒーを飲むのに、コンビニで家族の人数分を買って自宅に持って帰ってから飲んでいました。
これがけっこう面倒で、特に雨の日は億劫になってしまいます。そこで評価の高いこの全自動コーヒーメーカーを、アマゾンによる販売で¥ 16,160 で手に入れました。
作っている最中に部屋いっぱいに広がるコーヒーの香りはたまりません。嗜好品ですし、人によって味の濃淡の感じ方には個人差があると思いますが、私にはちょうど良い。
予めセットされている「中細挽き」フィルターと、交換用に同梱されている「粗挽き」フィルターで、豆を挽き分けできるし、リッチ・マイルドのコース選択では高温深蒸しを選択できるので「淹れ分け」ができます。つまり「挽き分け」と「淹れ分け」の組み合わせで、好みに応じた4種類のコーヒーが楽しめます。
私自身は「中細挽き」と「リッチコース」しか選択しないので、他の味はコメントできませんが・・・(笑)
それからそれから、後片付けが楽!
残りかすはペーパーフィルターごと捨て、ガラス容器と取り外しが可能なドリッパー部分を洗うだけ。面倒なミルの掃除は不要。
コーヒーが煮詰まって不味くなるのを防止するため、保温時間は2時間しかありませんが、もっと長時間保存するなら、真空断熱の魔法瓶を使えばいいだけです。

皆さんの評価を信じて購入しましたが家族にも好評で、「買って良かった」と思います。

 

 

誰が考えたのか、このコーヒーメーカーの仕組みは凄い。手軽に美味しいコーヒーが入れられ、そのあとの手入れがとにかく簡単。
ずっと使い続けたい逸品ですね。

 

 

本機の前期型55から買替えました。
形はほぼ同じ、機能もデカフェ豆が
使える機能が付いただけです。ただ改良されている点はミルのモーター音が前期型55の半分以下の音に改良されていました劇的です。他社製品もそうですが、部屋中に鳴り響くぐらいうるさいですが現行型56はとても静かになっています。相変わらずお掃除も楽でキッチンを汚しません。電器店の担当者もこの商品はコーヒーメーカーの中でも唯一長年売れ続け型も変えず長ロングセラーという事です。納得です。私はカフェめぐりが趣味ですが気に入れば、そこのお店の豆を購入し自宅で飲みます。そこの喫茶店にまったく負けない同じ香り高級な味を楽しめます。オススメです。

 

 

パナソニックは、色々分解して洗えないと思ってました。色々分解して洗えるし、簡単。実家が、1つ前の型を使ってますが、それより音は静かに感じます。コーヒーも美味しくできます。やっぱり全自動は楽ですね。

 

 

前モデルから使っていますがこのモデルはさらに美味しくコーヒーが飲めます。

 

 

さすがはパナソニック!
2ヶ月間ほぼ毎日使用していますが
今のところ噴きこぼれなどは全く無く
快適な使用感で毎日楽しんでおります

豆や水の適量が合っていないとの指摘がありますが
そもそも味覚や趣向や豆の種類等
個人差(個体差)がありますので。。
ご自分の適量を是非共 楽しみながら見つけてみて下さい
僕も取説よりは多めに豆を使用していますが
挽きたての、味わい深いカフェオレが
家で手軽に楽しめ、幸せな毎日です♪
僕は深煎り豆に中細挽きメッシュフィルターを使い
リッチコースで抽出するのですが
その際かなり長めの蒸らし時間が設定されており
マグカップ3杯分が10分以上かかったりします笑
でも、これが、美味いんですよ♪

全自動じゃないので、豆と水は毎回量って入れて下さい
紙フィルター入れ忘れると噴きこぼれますので、要注意
長期間使用する為にも、お手入れもお願いします

それらの手間をかけて頂いた方には、もれなく
キメの揃った挽き豆と
極上の蒸らしが効いた深い味わいのコーヒーと

ミルの自動洗浄という便利さや
随処に考えられたお手入れのしやすさに
何度も感動していただけるでしょう

でも、それが面倒な方は。。。
それなりの価格か、それなりの味で
他の機種をお選び下さい

 

 

前機種、4年間ほぼ毎日使用していたら流石に豆の粉砕機能が故障してしまい買い替えしました。いくつか進化してる点がありとても感心したので投稿します。
・前機種と比べて豆の差によるコーヒーの味の差がよりはっきりと分かります。理由は分かりませんが基本性能の向上を感じます。
・豆の粉砕時、前機種にあった近所に響きそうなキーンと言う高音の音が気にならなくなりの粉砕音が明かに低減されてます。
・前機種よりフィルター部での粉の飛び散りが少なくなって手入れが楽になってます。
・前機種では容器を取り外した際に上部のフィルター部の締りが悪く、ポタポタとコーヒーが何滴かヒータープレートに落ちプレートにコーヒーが乾いてこびりつき汚れてしまっていましたがそれがなくなりました。手入れが楽になってます。

おかげさまでさらに毎日のコーヒーライフが楽しめます、パナソニックさんコーヒーメーカーの提供ありがとうございます。

 

 

個人的にはパナソニックさんのこの前の機種の味の方が好きですね 荒削りと言うかダイナミックなストレートな味でした 今回のは形も進化しましたし、全自動になりましたが、味がまろやか過ぎて、濃い珈琲が好みなんですが、濃い珈琲は作れますが、何かふわふわした味で、どんな豆でも、ある程度美味しくなる 平均点の良さを、目指してるようで、珈琲の苦味、香り、味。ともに良い所まで、少なくなってしまってます 平均点ではなく、豆の味その物をストレートの最高点をめざして欲しかった
しかしながら家に所有してる珈琲メーカーの中では上位に入ります 毎日美味しく頂いてます

 

 

数か月使ってみて、とても洗いやすいし使いやすいです。
コーヒーの温度もいいし、味もおいしく飲めます。
出来上がったらブザーでお知らせしてくれるので便利です。
音が小さいので気が付かないこともありますが、このくらいの音でちょうどいいと思います。
タイマー機能は使ったことがないのでわかりません。
付けっ放しにしておくと自動でOFFになるので切り忘れの心配がなく安心です。
ミルは使ったことがないですが使ってみようと思います。
かなり以前パナソニックのコーヒーメーカーを使っていたのですが耐用年数で壊れてから
安いメーカーを使っていたのですが、やはり安物はダメで、コーヒーメーカーをやめて
ドリップで飲んでいましたが面倒で、コーヒーメーカーを色々探してました。
結局パナソニックのコーヒーメーカーにたどり着きました。
でもこれにして良かったです。
ちょっと高いですが、価値はあると思います。

 

 

 

 

パナソニック コーヒーメーカー 従来品のnc-a55やnc-a56とnc-a57の違いは?圧倒的にnc-a57がおすすめな理由と口コミも紹介|まとめ

パナソニック コーヒーメーカー nc-a57の違いについて徹底調査し、スペック表もあわせて紹介しました。

従来品のnc-a55やnc-a56から、nc-a57に改良を続けていますが、いずれももかなり本格的に作られています。

今回調べてみたところ、パナソニック コーヒーメーカー nc-a57の違いは、従来品のnc-a55やnc-a56のよいところはそのまま踏襲して、さらによい機能を付している点です!!

Amazonでも2018年6月から発売していて、nc-a57はとても好評で、Amazon Choiceの逸品に選ばれている!ので、今後もとっても楽しみなコーヒーメーカーですね♪

いずれにしても、お手入れも一段とカンタンになった全自動コーヒーメーカー nc-a57は一度使ったらやみつきになっちゃうかも…♪ぜひ試してみてください^^!

 

 

 

NC-A57-K

NC-A57-K

パナソニック 全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック NC-A57-K

(写真、スペック、カスタムレビューなど、公式サイト・Amazon店より引用)

-キッチン家電

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5