ニュース

2021年レッドスーパームーンの皆既月食は5月26日夜の何時から?

スーパームーン

2021年5月26日、部分月食の始まりが18時44.6分からです。

皆既月食は20時09分から、20時28分までのわずか15分間ほどの短い間です。

今回、日本各地で最も地球に近いレッドスーパームーンの「皆既月食」が見られますので、ぜひ皆で楽しみましょう!

下記に、今回のレッドスーパームーンの観測情報や天気情報などをまとめました。

レッドスーパームーン皆既月食は場所によって変わる?全国の天気は?

(astroartsより)

日食のように場所によって時間が違うということはなく、
日本各地、月が見える場所なら同じタイミングで始まり、終わります。

この皆既月食は、日本各地で観察することができます。
月が見える場所であればどこでも同時に起こります。

全国の天気については、東日本は晴れ/曇り、西日本は大阪を中心に晴れ/曇り、
ただし広島より西は天気が崩れそうな予報
が出ています。
翌日の27日が全国的に雨模様の予報なので、なんとか持ちこたえて欲しいですね。

レッドスーパームーン皆既月食は、観測時間はどのように進んでいくの?

(国立天文台ニューより)

動画でも説明していますが、観測時間は

部分月食の始まりが18時44分から、

そして、皆既月食の始まりが20時09分からです。

皆既月食が最大となるのが20時18分、

皆既月食の終わりが20時28分、

部分月食の終わりが21時52分となります。

皆既月食となった月は、通常、ほのかに赤銅色に見えます。

月食は肉眼でも十分楽しめるそうですが、望遠鏡や双眼鏡があればまた違った見え方を楽しめるでしょう。

皆既月食中の月は、ほぼ真南の空高く、頭の真上付近に見えます。

北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となります。

 

まとめ

この記事では、レッドスーパームーンの皆既月食ライブは2021年5月26日夜の何時?と題して、記事を動画、画像と共にご紹介しました。

ぜひ、月が見える場所の方は、5月26日は20時09分からの皆既月食を皆で楽しみましょう!

-ニュース

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5