自動車教習所

普通免許を合宿で取る費用はいくら?

自動車教習所

普通免許の費用は、合宿の場合、教習所やプランにより差があります。

普通免許のを合宿で取る費用は20万円から25万円程度が多く、
自動車教習所に通学して取得する場合より5万から10万程度安くなります。

合宿で普通車MT免許を取得する場合は20~30万円、普通車AT限定免許の場合は
18~28万円程度と幅があります。

これを通学の教習所で免許を取得する場合だと、普通車MT免許で25~35万円程度、
普通車AT限定免許の場合でも22~32万円程度の費用がかかります。

普通免許とは、普通車MT免許、普通車AT限定免許の2種類があり、
下記に該当する自動車を運転できる免許をいいます。

車両総重量が3.5トン未満のもの
最大積載量が2トン未満のもの

なお、この条件で乗れるトラックは近距離配送用の軽トラックや、
他にはライトバン、ワゴン車などで、普通免許で運転することできます。
(運転免許制度改正2017/3/12)

最近は、自動車教習所の車両も大きく変わり、従来のクラウン一辺倒ではなく、
市中を走る一般的な車が配備されるようになりました。

自動車運転免許取得にかかる費用のうち、普通免許の費用には、
自動車教習所や取得プランによっても違いますが、
通学、合宿区別なく全体的には、
20万円から30万円程度の価格帯が多くなっています。

データはすこし古いもにになりますが、
ある自動車教習所での統計によりますと、
20万円までで取得した人が45人、
21万円から25万円の人が18人、
26万円から30万円の人が6人、
31万円から35万円の人が3人となっています。

できるだけ安い費用で取得した人が多いことが分かりますが、
これは今も同じようです。

また、合宿で普通免許を取得する人の多くは、
最短の20日乃至21日で卒業することができており、
ほとんどの人は20日から22日までで合宿を終えています。

最近は少なくなったようですが、
自動車教習所に行かず、自動車運転試験場で直接受験する方法も
ありますが、一発で合格するのは、かなり難しいといわれています。

何回も試験に失敗すると、かえって費用や期間がかかることになりますので、
合理的に学べて、短期間に免許を取得できる教習所を利用するのが無難でしょう。

普通免許の受験資格は、
18歳以上の方。 視力が両眼で0.7以上、かつ、一眼でそれぞれ0.3以上であること。
一眼の視力が0.3に満たない方若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、
視力が0.7以上であるこ。
と規定されています。

普通免許には、オートマチック車限定の普通車AT限定免許と、マニュアル車も運転できる普通車MT免許があり、
普通車AT限定免許を取得する人が多いようです。

 

 

-自動車教習所

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5