車中泊

道の駅での車中泊で知っておきたいトラブルと回避策

車中泊

 道の駅で増加する車中泊のトラブルについて、知っておきたい回避策をまとめました。この方法でトラブルを回避できそうにないなら、今回は道の駅の利用自体やめたほうが良いです。もし、あなたが道の駅を利用したいなら、絶対役に立つ情報を書きましたので、是非読んでください。

 手軽にできると車中泊の人気の高まりで、車中泊できる仕様の車や、車に設置すれば車中泊できる便利なグッズが数多く出てきています。

 おいしいご当地グルメの飲食店や温泉など、旅の途中の休憩スポットとして人気の道の駅で、車中泊もしてみたいと、多くの人が道の駅を訪れます。そんな道の駅についてまとめてみました。

道の駅で車中泊ってもうできないって本当?

駐車禁止

駐車禁止

 道の駅は休憩施設であり、休憩のみと短時間の仮眠以外は行なわないのが常識と言われて久しいです。あくまでも、一時的に駐車し、飲食や売店などの施設を利用するための場所です。

 最近になり、車中泊を許可されている一部の道の駅も増えてきているようなのですが、それ以外は禁止と受け止めて、避けたほうがい無難です。トラブルを避けるのが一番です。

車中泊絡みの道の駅でのトラブルと避け方

事前の情報収集とチェック

道の駅

道の駅

 ここへ来て人気の道の駅では、車中泊を受け入れるRVパークやコインランドリーを併設し、車中泊に応えているところも増え道の駅の二極分化が進んできている面もあります。

 車中泊できる道の駅かどうか、事前に情報収集を怠らず、又現地でも念のためチェックすることです。それが一番よいトラブルを避ける方法だと思います。

飲酒を避ける

飲酒しない

飲酒しない

警察

警察

 事前に車中泊できる道の駅かチェックできなかった場合、飲酒運転と通報されて、警官に職務質問を受けることになった場合、車中泊できない道の駅の場合、すぐに移動させなければならなくなります。

 そうなった場合、誰か運転できる人で一人は飲酒していないと、飲酒運転が避けられなくなってしまいます。クレーマーなどはそこを突いてくるので、はじめから道の駅での飲酒は避けたほうが賢明です。

調理しない

飲食店で食事

飲食店で食事

 食事は道の駅、もしくは周辺の飲食店などを利用するか、売店やコンビニなどで弁当を調達し、車内で食べること。決して、車外に椅子やテーブルを出しての食事はしないことです。

ゴミ捨てしない

ゴミは持ち帰りましょう

ゴミは持ち帰りましょう

 旅の最中で出たゴミは、道の駅では捨てないで、基本持って帰るようにしましょう。捨てても大丈夫そうなのは、道の駅内の売店で買った弁当などで出たゴミだけです。

アイドリングしない

アイドリング

アイドリング

 エアコンの使用を避け、エンジンをかけっぱなしてエンジン音が周囲に迷惑をかけるアイドリングは止めましょう

連泊しない

 道の駅本来の目的である、休憩の場所として使い、夜中に着いたとしても仮眠場所として利用するだけに抑え、翌日もと連泊しない。

シェードを車窓につける

車窓

車窓

 駐車中、無用なトラブルを避け、のぞきなどに対応するため、車窓にはシェードやカーテンを準備する

トレイで洗面しない

 朝の洗面、歯磨きなどでトイレの使用はしない。

車中泊できる場所へ

オートキャンプ場・RVパーク

オートキャンプ場

オートキャンプ場

 有料ですが、オートキャンプ場RVパークはいずれも車中泊できます。設備も整っているので、車中泊にはとても便利です。24時間使えるトイレはもちろん、コンビニ的なお店や温泉なども併設されている所もあります。道の駅で車中泊が叶わなくても、便利に使える場所です。

仮眠なら高速道路のSA・PA

サービスエリア

サービスエリア

 短時間の仮眠で車中泊なら、高速道路のSA・PAが便利でしょう。駐車場所さえ確保できれば、当日でも仮眠できる場所です。事前に考えていた道の駅などで車中泊できない場合、旅の途中の休憩場所、つなぎの場所として生かしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

 今回は、道の駅での車中泊で知っておきたいトラブルと回避策、と題してご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 道の駅の車中泊は、いろいろな書籍やホームページなどで様々な情報が発信されている今や大人気のスポットです。

 人気のある道の駅なら、誰もがそこを目指して来ますので、多くの情報や憶測が錯綜し、誤解を招くこともあると思います。公式サイトなどで事前の情報収集と現地でのチェックを怠らずに、トラブルを回避して、快適な車中泊で楽しい旅にしましょう

-車中泊

© 2021 知っ得情報 ブログblog Powered by AFFINGER5